やちむんなかどまり工房さんの絵付け

今日も日差しが痛いくらいです!
あまりもう関係ないかな?と思っていましたが、まだまだ東京では旧暦でお盆休みを取る方や店も多いんだな〜と実感。
最高に暑いこの時期がいいのかもしれないです。人が消えている、という感じですが、、、

ところで最近送って頂いたやちむんなかどまり工房さんの絵付けをご紹介いたします。
沖縄のやきものの絵付けは、代表的な唐草や点打をはじめ実に豊富です。
琉球時代のやきものなどから取り入れた、多彩な技法との組み合わせも面白いです。
沖縄の陶器屋さんの方から、沖縄のやきものは(ある時代?)空間を埋めることが大事だったと伺いましたが、当時の流行りという意味なのかは分かりませんが、目一杯全体を覆うというのもとても合っていていいなと思います。
筆の勢いと共にいつも心おどる品々をありがとうございます!

→ 標 しもと 

広告

暑中お見舞い申しあげます!

急な雷雨など東京周辺も多少不安定なのかなと思いますが、毎日が夏本番!という感じですね。
また西日本を中心に大きな水害と被害がありました。
まだ捜索も続いており、広い範囲にわたる避難者の皆さんの生活がどうなることかと思います。
何かできることがあればと思います。

根曲竹細工をされている作り手さんから、根曲竹の様子を見に志賀高原に入った際に撮ったという野草の写真をいただきました。
さわやか!涼しい!
「ひつじぐさ」「うつぼ草」「もみじ葉の唐松草(左)」「やまおだまき(右)」を見つけたとのことですが、私には全く分からず、、、
野草の名前が分かるのはいいなあ。歩いていても楽しいだろうなあ!

明日より海の日を含む連休ですね。
どうぞ良い夏を〜!

 

 

→ 標 しもと 

掲載紙のお知らせ

新しく発売された”OZ magazine MOOK ひとり東京さんぽ” にて、紹介していただきました。

今までのさんぽ特集をまとめた一冊で、18の地域が紹介されています。
東京内外の方々にも頼もしい内容です。これから引越しを考えている方にもよさそうだな。
意外と地元が地元を知らないことも多いのでは?!

気がつけばこっちとこっちの街がつながってきてる、、、なんてこの本で気づいたことも。変な話ですが。
東京は広いな!
ぜひ見てみて下さいねー‼︎

→ 標 しもと 

沖縄やちむんなかどまり工房より

沖縄のやちむんなかどまり工房さんより、久しぶりにやきものが届きました。
マカイ、皿類、カップ類などよく作るものもさらにシャープにスキッとしつつも柔らかさのある形です。
作っていらっしゃる方は作り続けているので、そうなのかな?と思うようですが、、、
細かなところにまで土の処理や扱いに気を配っていらっしゃると思います。

素地となる粘土、上がけする土、さらに釉薬。
収縮性の違いなどもあり、この層はどうなるのか。
表面や出来上がりに剥がれができたりうまくのらなかったり、材料が変わればまた様子が変わってしまうことも。
試行錯誤を繰り返し、、、といえば、まさにその通りだと思います!

→ 標 しもと 

7月のお休みのお知らせ

関東は6月中に梅雨明けという異例の早さにびっくり!
夏が短いというわけではないのでしょうか。。。
ワールトカップのおかげで短く感じられるかな。

ところでスーパーなどのレジも最近は無人化や半無人化がじわじわ進んできていて、なんだかなと寂しい気もします。仕方ないのでしょうか。
次の方が待っているとレジの方と話すこともあまりなく事務的に終わってしまうことも多いですが、毎日行くご近所さんが来ないと気にして下さっていたという話を聞き、見ていてくれるんだなとありがたがっていました。
八百屋にも導入されていて、これにもびっくり。どこまで進むんだろう。

//お店のお休み//
7月は3日(火)10日(火)17日(火)24日(火)31日(火)のお休みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
(通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半)

 

近くの神社で夏祭り。今も射的は羨望の的。くるくる回るタイプでかなり早かった!

→ 標 しもと 

東京民藝協会7月例会〜「民藝入門」

東京民藝協会による7月の例会は、雑誌「民藝」編集部の村上さんによる「民藝入門」。
絵馬を通して紐解いて下さるそうです。とっても楽しみ。
会員ではない方もどなたでもご参加いただけます。ご興味ある方は、予約されるといいかなと思います。
今回は、駒場東大前の民藝館に近いべにや民芸店さんにて。
ぜひぜひ〜

与那国島から與那覇さん

少し前の話ですみません!6月の中旬、気温も低く與那覇さんには寒かったんじゃないかな〜
///
昨日は与那国島で民具作りをされている與那覇さんが店に寄って下さいました!
最西端の島より、ありがとうございます‼︎

民具は用途があるもの。使えればいいものだけれど、きちんと作られたものは長持ちもする。
材料や形、編み方結び方ひとつとっても理由があったり使いやすさを考えてのことだったり。
また今は薄れて来ているが、モノに宿る霊的な意味合いも色々ありそうした話しも面白かったです。
今度はトークも良さそうだな〜〜

→ 標 しもと