開催中!「冬のごほうび店」12日(日)まで

今日は久しぶりの大雨で、ぐっと冷えてまいりました。
この冬もゆっくり過ごしたい方が多いのでは。。。

駒込のアーリーバード・アクロスさんの企画展、暖かな品々で彩られています!
贈り物にしても喜ばれそうなものも多いので、あれこれ悩んでも楽しいです。
当店もマグカップなど補充いたしました。
じっくりみてみて下さいね!



「冬のごほうび店2021」
12月1日(水)ー12日(日)
12ー17時
会期中休みなし

アーリーバード・アクロス
豊島区駒込1−40−14
JR山手線/東京メトロ駒込駅南口より徒歩2分
劇団東俳道挟んでとなり

小鹿田焼の大きめの皿

 


小鹿田焼の大皿となれば尺五、尺三寸など見応えがあり広間などで料理を並べたらいいだろうなと思います。
使わないときは立てかけて眺めたり。
みているだけでスッとした気分に。

都会ではどうでしょうか。
七、八、九、尺くらいで何枚かあると良さそうです。
これからの鍋物のかさばる具材、揚げ物餃子、お寿司に麺類、カレーやサラダなどなど。
食べ物をもりもり乗せてあまり見えなくなったって、なぜか美味しそうなのです。

大きいものを作っているのと同じではないですが、同様に技と工夫が詰まっています。




  •  

ペットの居場所に

 

いろいろなペットを最近は飼われていますね。
室内で飼う方も多い犬猫うさぎ用にと大きめのザルを求める方もちらほらと。
特に底が少し上がっているものは、通気性もよく軽く掃除もしやすいとのこと。
洗うことももちろんできます。

毛布を敷いたら居心地良さそうです。。
気に入ってくれるといいですね!

  •  

日本民藝館展

日本民藝館展は駒場東大前の日本民藝館の公募展です。
どんな品々が現在作られているのか。
全国の工芸品を見て触れて購入もできるという珍しい?展示会かもしれません。。。
それだけ広げたいという表れなのかな。
買う買わないを超えていろいろみれるのもいいですし。。

と、店でも行ってくださいね〜とおすすめしていたのですが。。。今回入場は予約制とのこと。
HPより事前予約が必要です。
面倒だとは思いますが予約を入れれば足が向くかと!


真鍮スプーン

すくうところがやや広めの真鍮スプーンも入りました。
具などある時に混ぜやすく、ジャムなどをすくったりにもいかがでしょうか。
色々なうつわとともにぜひどうぞ〜

アーリーバードアクロス「冬のごほうび店」本日より!

今日から12月ですね!雨上がり暖かな空になりました。
駒込駅南口のアーリーバード・アクロスに、作家さんによる丹精込めた品々が集まりました。
明るい気分にさせてもらえたり凝ったつくりのものばかりです。
日中散歩がてらにぜひのぞいてみてくださいね〜


「冬のごほうび店2021」
12月1日(水)ー12日(日)
12ー17時
会期中休みなし


アーリーバード・アクロス
豊島区駒込1−40−14
JR山手線/東京メトロ駒込駅南口より徒歩2分
劇団東俳道挟んでとなり

12月の営業のお知らせ

一年で最後の月。。
いつもきちんとされている方は何も慌てることはないと思いますが、ものぐさな私は目に蓋耳に蓋のつらい時期です。。。
最近は開き直ることも覚えました笑
皆さんはいかがですか?

12月も毎火曜日休みですが、
年内の営業終わりは29日予定で、28火曜は営業。
はっきりしましたら追ってお知らせいたします。
(通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半)


ちょうど一日より、駒込南口アーリーバードアクロスさんの企画展が始まります!
日中暖かくしてお寄りください〜



「冬のごほうび店2021」
12月1日(水)ー12日(日)
12ー17時
会期中休みなし

アーリーバード・アクロス
豊島区駒込1−40−14
JR山手線/東京メトロ駒込駅南口より徒歩2分

平岩愛子さんの吹きガラス

これからが冬。。ですが暖かな吹きガラスを感じて頂きたく並べております!
スッと真っ直ぐで受け止めてくれるような。
この時期の淡い光を受けて何ともいい表情。。。
飲み物食べ物を注いだりのせたりすると、さらに引き込まれてしまいます。
暖かい室内でいろいろ楽しんでいただきたいです。
お時間許すなら、ぜひ陽のあるうちに〜




青梅RainbowLeafの平岩愛子さん

先日青梅市で吹きガラスで製作されている平岩さんを訪ねました。
お話をじっくり聞かせていただき改めて真摯な様にうたれました。
修行の頃や自身の工房を開いてこれまでの活動、自然と湧き上がる感覚や思いを大切に続けていらっしゃるのだなあと感じました。

主に地元からの廃びんや板ガラスなどを使って、ラベルなどを剥がしたり汚れを取るなどし溶かします。
800度ほどで溶け始めるそうですが、つぼの中は1300度近くに。
竿にガラスの球を取り吹くのですが。。。
形作る間にもどんどん冷めていきます。
テンポよくひとつずつ。
一人ですべての作業工程を行います。




栃の漆盆

 

栃材を使ったお盆は、あたりもよく木のあたたかさや心地よさが伝わる品です。
丸みのあるフチ周りで、手にかかりやすく削り形づくられています。
木目を生かし塗り重ねた漆は、そのままの色合い。
載せるうつわを引き立てつつ気兼ねなくお使いいただけるのではと思います。
ご家族や目上の方への贈り物にもご利用ください。