新春の日射し

この時分の日射しとガラス、ハッとする瞬間。
写真でその感じをお見せしようにもなかなか難しいですね。。

おすすめはなんですか?
あまり聞かれないけれど、困ってしまう質問の一つ。
あ〜う〜とうなっているうちに、呆れられて話は流れていくことが多い。。

会話なんだから軽い感じでいいんじゃない?と言われるけれど。
コーヒー屋さんなら独自のブレンド、レストランなら季節の料理、おそばやさんだったらよく出るものを紹介したらいいのかな。
大きさとか色とか量とかの相談にはのりやすい。。

重かったり熱かったりまた寒かったりや時間との戦いを重ねた制作だと思うのですが、材料他作るものの境界を知り無理やりなことは控えつつも、工夫を重ね挑み続ける姿勢をみるにつけ清さを感じます。
使って居心地のよいもの、ひとつとて悪酔いすることはないと思います!
本当はもっと売り込むべきなのかも?!

2月の営業のお知らせ

寒いこの頃はつい日なたを探して歩いていますが、そういえば夏場は日陰をさがしていました。。
明日は節分。
すこしずつ春に近づいていますね。


2月は毎火曜日お休みでが、下旬臨時休業するかもしれません。
追ってお知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
(通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半)

取り皿に

取り皿としてお考えの場合、四寸、四寸半、五寸くらいがいいのでしょうか。。
少し深さがあるものもあります。
もりもりっとのせれば結構のりますので、惣菜などのひと皿にもいいですよ。
大きさ違い何枚かあると便利にお使いいただけると思います〜

都鳥

大川(隅田川)を挟んだ両岸の景色を描いた都鳥。向島や待乳山聖天。。鳥からの目線にも思えたり。
広範囲にまだ雪や風にみまわれそうです。
皆さまお気をつけてお過ごしください!
首をすくめて寒そうに見えますね。

マグカップやスープカップ

広範囲にわたる寒波で雪に慣れている地域もそうでない地域もまずは無理な外出を控えるのが先決のよう。。
都内も初雪。バケツに厚い氷が張りました。


写真では大きさ分かりずらいですが、量も大小あるので日々の活躍間違えなしのいろいろなカップをぜひお楽しみください〜
ほっとする時間です〜

ブロックプリントの布

インドのブロックプリントは季節を問わず、どこか温かみを感じます。
主に草木からの天然染料を使い、洗い擦れたりあせたりしてきてもいい風合いのまま。
無数にある柄や文様ですが、これとこれを組み合わせるのはあまり良くないということもあるそう。
布一枚広げるとがらりと空間が変わるのがまた楽しいです。

足つき杯

足があるのでまた違った感じの杯です。
お茶、デザートなどを気軽に楽しめるかなと思います。
甘酒やホットワインなど温かいお酒もいいかも。

漆の鉢

 
漆のうつわは陶磁器に加えても使いやすく温かな雰囲気になるかなと思います。
汁気のある料理、煮物酢の物揚物などどんなものでもお使いいただけます。
またカレーやご飯もの、麺類などの一皿にも。

 

 

浅葱色の吹きガラス

成人式の晴れ着姿、みているこちらもいい気分になります。
ハレの日のおめかしに少し気張った顔つきの記念撮影、どの時代でもいいもんですね。


新春の日差しに浅葱色の吹きガラス、とてもはっきり見える感じがします。
透明の濃いところ薄いところ。。。
年内に平岩さんが作ってくださった鉢やワインカップも!
ぜひ手に取ってみて下さいね〜

煎茶碗


年末はお茶のうつわを求められる方も多く、また一年を熱いお茶とともに。

煎茶特に外で頂くのはこの形。
でしたがなかなか見かけなくなってきたのかな。。
当店ではお酒に。。肴を。。小鉢に。。と使って頂いてもいるようです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。