瀬戸へ

今週ふたたび瀬戸を訪れたいと思います。
地元の商店街の看板や照明に見入ってしまいました。
IMG_0264

IMG_0266

→ 標 しもと 

広告

笠間稲荷神社

笠間稲荷神社の参道には、神棚をはじめ神具がたくさん売られています。
神社から古陶が中心の美術館へ抜ける裏手には、参道で売られていた陶製のキツネ様が大小無数お供えされていました。
なんとなく山になっている様子は、きちんと並んでいるより怖いですね。
迫力がありました。

IMG_0504

IMG_0503

→ 標 しもと 

笠間焼

笠間は焼きものの産地としては、近隣の益子焼よりも古く日常に必要な焼き物を多く焼いていました。
鍋や釜が今のような金属製のものに変わる前の、煮炊きに使われてた陶製の鍋。
大鉢や壷、火鉢や片口。
様々なものが焼かれていたのですね。
IMG_0497

IMG_0495

→ 標 しもと 

益子焼の釉薬

益子焼の伝統的な釉薬を紹介しておりました。

灰、糠白、飴、柿赤、並白、糠青磁、黒が主だったもののようです。
かめや鉢、火鉢に大徳利。
写真にはありませんが、古いもので他の産地でも糠白にきれいな薄緑の組あわせをよくみかけるなあと思っていたら、糠白に酸化銅を混ぜたものが、あの鮮やかな緑色になるとは・・・組合わせとしてつくりやすいので、多いとのことです。
勉強になりました。

IMG_0532

IMG_0538

IMG_0539

→ 標 しもと