線の美しさ

線描きのすっきりとしたうつわを使うと、なぜだかこちらの気分もさっぱりします。
縦の線でまとまったものを、十草や麦藁手と呼んだり、
横の線のものは、コマ(独楽)と呼んだりします。
江戸時代には、特によく使われていたそうです。

コマ描きは、ロクロを廻すことで早く描くことができますが、
十草は一本一本描かねばなりません。
どちらも簡単そうですが、経験によるものとか・・・

瀬戸赤津焼の利山窯さんが、今も多く造っているのを前回瀬戸を訪れた際に知り、オ!とうれしくなりました。
ショップでも紹介致しますね。

IMG_1006

→ 標 しもと 

広告

もともとの用途

古いものについて、最終的にはどうでもよいことですが、元々は何の目的で造られたものなのか気になります。
また、どういった使われ方、組合わせはどうだったのか、どんな立場の人が使っていたのか?知ると面白いです。
その時代に思いをめぐらせてます。

由緒あるものであれば、かなりはっきりと分かるのでしょうが、私がみているようなものは、分からないことも多いです。
用途がハッキリしているものは、大きさや形がある程度決まっています。
当時の人が存在すら知る由もなかったものを、場所や時代を超えて見たり手にしたりすることができるのは、うれしいことです。
ある伊万里の業者さんがおっしゃっていたのは、江戸期にすごく人気があった柄ほど、今は人気がないねえ・・・と。
技術にともなった品質の善し悪しや価値とは別に、時代の好みというものもあるのですね。

→ 標 しもと 

古いモノの市

古いモノをみていくのも楽しいです。
骨董市、古道具市、蚤の市、、、いろいろな市がありますが、行くと何かしら面白いものがあります。
今につながるモノを集めております。
少しずつ紹介していきます、お楽しみに!!

IMG_0637

IMG_0964

→ 標 しもと 

益子焼 柿釉

益子焼でフタつきの瓶など古くから使われてきた褐色の釉薬といえば、柿釉です。
柿赤釉とも呼ばれるそうです。
益子からほど近い芦沼地方から産出される、芦沼石のみを砕いてつくられる釉薬です。
火山灰がふりつもって出来あがった石で、鉄分を多く含んでいるのだそうです。
登り窯で焼かれますとなおのこと、地の土の成分とも関係するのか、複雑な色みがでてくる気がします。
金属性の光を帯びた色が、所々にみえます。

Exif_JPEG_PICTURE

→ 標 しもと 

益子焼 石皿

ショップでも紹介しております、益子焼の石皿は・・・
存在感があり、どっしりとした安定感が魅力です。
こんなにシンプルなのに使って飽きのこないものです。
’玉フチ’といわれる丸みのあるフチも、その理由の一つかもしれません。

古いものですと江戸時代から使われはじめたであろう石皿は、瀬戸のものが大変良く知られていますが、益子や会津本郷などでも焼かれていました。各産地の石皿を比べてみるのも楽しいですが、どこのか分からない場合も多いですね・・・

Exif_JPEG_PICTURE

→ 標 しもと 

瀬戸の土 つづき

瀬戸では、登り窯で焼くことを昭和40年代末に終えられたとのこと。
残念なことではありますが、こちらで使用していた登り窯を見せて頂くと三口の奥が四口だったかな?、たいへん大きなものです。かつて生活用品から瓶や鉢などの台所用品にいたるまで陶製だった頃は、大きなものが大量に造られていたので必然的に大きな窯が必要でしたが、食器等の小物が多い現在は、それだけの量を一度に焼くことが難しいそうです。
窯元さん共同で、復活できないかな・・・

その後の歴史がすでに40年近くあるわけで・・・使われていた陶板などを使い美しい外壁が町のあちこちに見えました。
何度も焼かれたモノなので、色にも深みがあり独特の雰囲気。
何度も焼くと強くなったりするのでしょうか??今度聞いてみたいです。
この方法はかなり古くから行なわれていたそうで、素敵な再利用ですね。

私は食器を主にさがしにいくわけですが、瀬戸の産地としての産業は、もちろんそれだけではありません。
タイルやトイレなどの水回り、かつては水道管、陶製のお人形や置物・・・
高度成長期の都市や住宅をどれだけか支えてきたことでしょう。
食器はその中の一部ですね。
それぞれに適した土があるのでしょうか。
これだけ多岐にわたって製品を供給してこれたのは、使いやすい土の特性があるのかもしれませんね。

IMG_0854

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0837IMG_0839

 

→ 標 しもと 

瀬戸の土

瀬戸は、誰もが知るやきものの大産地です。
地元の方に尋ねますと、良質の土が掘ればどこからでもでるような恵まれた土地だそうで、どれだけのモノが世にでたか気が遠くなるほどなのに、土がなくなる心配は今の所なさそうです。
豊富なので、近隣のやきものの産地に出している程だそうです。

ある産地では土地の所有者の問題もあり、元々土が浅い層にしか出ないこともあって、すでに蓄えたもので終了とのこと。
それを他の地の土を混ぜるなどして少しずつ期間を延ばしていき、30年くらい持つかなあ、というお話でした。
その後どうするのか・・・といった話しはとても聞けませんでしたが、各自が欲しい土を手にすることができる今、大きな問題ではないのかもしれません。
かつては窯元さん各自で、やきものに使う土が掘れるような山を持っていたとか。
こういったことは、今は各自治体や窯業組合などが、管理していることでしょう。

とはいえ、どの産地もそれぞれの窯元さんで相当な研究と工夫をされているのは、もちろんのことです。
おなじ地元の土であっても同じものができるわけではありません。
また、必要に応じて自ら裏山の土を混ぜてみたり・・・

産地のやきもの、とはどういったことなのか・・・いろいろと知る機会がふえました。

IMG_0833

IMG_0834

→ 標 しもと