益子焼 石皿

ショップでも紹介しております、益子焼の石皿は・・・
存在感があり、どっしりとした安定感が魅力です。
こんなにシンプルなのに使って飽きのこないものです。
’玉フチ’といわれる丸みのあるフチも、その理由の一つかもしれません。

古いものですと江戸時代から使われはじめたであろう石皿は、瀬戸のものが大変良く知られていますが、益子や会津本郷などでも焼かれていました。各産地の石皿を比べてみるのも楽しいですが、どこのか分からない場合も多いですね・・・

Exif_JPEG_PICTURE

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中