益子焼 柿釉

益子焼でフタつきの瓶など古くから使われてきた褐色の釉薬といえば、柿釉です。
柿赤釉とも呼ばれるそうです。
益子からほど近い芦沼地方から産出される、芦沼石のみを砕いてつくられる釉薬です。
火山灰がふりつもって出来あがった石で、鉄分を多く含んでいるのだそうです。
登り窯で焼かれますとなおのこと、地の土の成分とも関係するのか、複雑な色みがでてくる気がします。
金属性の光を帯びた色が、所々にみえます。

Exif_JPEG_PICTURE

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中