かわるやきもの、 育つやきもの。

古い陶磁器をみていますと、色が落ち着いて何ともいえない美しさを感じることがあります。

どのように使われていたのか、どんな所に保管していたのか、によってずいぶん様子も違うようです。

長年土の中にうまっていたもの、液体に浸かっていたものは、シミのように色がついたりします。

こういった部分を含めて”景色”などといって愛で、鑑賞の対象になるようですが、”よごれ”ととらえるかどうかは、その方の感覚によると思います。

古いものが苦手という感覚もあるでしょう。

新しいものを買い、使っていくうちに変わっていくうつわをみていくのは、また違った楽しさです。

何年かかかるので、使っている本人は”気づいたら・・・”という感じだと思いますが、何となく色がなじんできたり、ギラギラした感じがなくなったり、、、

何となく軽くなったような気さえします。

磁器よりも陶器の方が、そんな感覚をより味わえるかもしれません。

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中