益子の大誠窯さん つづき

いとも簡単そうに、つぎつぎとカタチが出来あがっていくのですが・・・たいへん集中力のいる作業だと思います。
同じカタチのうつわをいくつもつくるには、ほんと経験なのですね。
みていて気持ちのよいテンポです。

土の塊から、中心の空洞をつくると、それがうつわのカタチになり・・・
角度をつける道具、幅や高さを測る道具、フチを切る道具を使ったり、
小さな布で表面を滑らかにしたり、最後は糸で底をパッと切り離し・・・
つくる前、イメージを持つことが大切とのこと。

その後、2−3日乾かすそうです。

Exif_JPEG_PICTURE

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中