沖縄 2月 つづき

沖縄を訪れ、作り手の裾野の広さに驚きました。
また、どう切りとっても過去から今に至る系譜のようなものが見え、つながっているなあという感じを強く受けました。
焼きものそのものは、とっても大胆でのびのび!なんですけどね!

またシーサーや写真のような厨子(骨を入れておくもの)を、食器をつくる傍ら沢山つくられていたり、地元の子どもたちに教えることや同業者同士の協力も多いそうですし、いろいろな風がきっと流れているんだろうなあ〜と。
きっとそういったことが、食器にも表れるのだろうと感じずにはいられません。

IMG_1475IMG_1474
IMG_1470

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中