伊賀焼 ごまいり器

伊賀焼の殿白窯さんから、ごまいり器が届きました。

こちらの窯元さんは様々な焼きものをつくっておられますが、中でも丸柱で焼かれたきた土瓶が少しずつ消えて行く中、カタチのきちっとした土瓶をつくっていらっしゃいました。
「もうこういった土瓶は、つくるのに大変な割に売れないねえ〜」とのこと。
もともとは、薬土瓶として煎じるように直火にかけられるものでしたが、こちらは直火にはかけられず形だけが残っています。
青磁釉は、かなり以前につくられたもので、もうつくっていないんだとか。
古い急須がまたとっても素敵だったので、つくって頂けないかお願いしている所です・・・
口と蓋に丸柱の特徴があります。

IMG_1956IMG_1959IMG_1958

それからごまいり器、こちらも本当に以前から丸柱ではよくつくっているそうで、この素朴な風貌?がいいと思います。
別名、焙烙(ほうろく、ほうらく)と呼ばれたりしますね。
焙烙は、他にも焙烙焼き(丸みのある皿状の焼きものを、二枚重ねてその中に材料を入れて蒸し焼きにする調理方法)に使われる皿状の焼きもののことを指したりします。
余談ですが、私がなじみがあるのはどちらかと言えば柳川鍋(どじょうとささがきごぼうの卵とじ)の方です。焙烙焼きは高級日本料理向き、、、こちらも焙烙の一つだと思いますが上部には釉薬がかかっています。
持ち手があるわけではないので家庭向きではないかもしれませんが、調理したものをちょっと温めて出すと冷めにくいですし、雰囲気もいいですよ。最近は居酒屋さんなどで煮込みを出したりでおなじみかもしれませんね。以外と地中海料理っぽいものにも合う気がします。
いずれも、直火で使われることが前提です。
今でこそ遠赤外線効果?とかいろいろ言われますが、土もので調理するとおいしくなるのは、昔ながらの知恵ですね。

話を戻しまして、ごまいり器の口の部分に黒く線のようなものがあるのですが、こちらで「火だすき」と呼ばれる技法。元々は備前焼で焼く際に使われた藁が自然に焼きものについた様子を指すそうです。こちらでは藁に塩をまぶして焼きものの上においておくと、このように一筆描いたようになるそうです。土鍋などにも施すことがあるそう。
素焼きと本焼きで二度焼いているとのこと。通常の土より荒めのものを使っているそうです。
釉薬のかかっていないタイプ。
ごまいり器もいろいろあると思いますが、本当に素朴です。

なかなか時間に余裕がないと難しいと思いますが、一度おいしさを知ってしまうと手放せない方が多いと思います。
お試しあれ〜

ー 使い方 ー
口から材料を入れ、直火にかけます。

ごまをはじめ、お茶やコーヒー、あられや銀杏など。
少し湿気が含んでしまったモノにはいいですよ。
ただ、釉薬がかかっているわけではないので、次に使う時に変な味にならないように気をつけて下さいね。、、、
(よく乾いた状態で使わないとうまくいかない可能性も。できるだけ洗わない方がいいと思います。)

揺すりながら、炒って下さいね。
短時間で高温になりますので、炒り過ぎに注意!
出す時は、把手の方から!
 

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中