やきものの重ね焼き

やきもの好きの方ならご存知の方も多いと思いますが、重ね焼きをする際に釉薬が溶けてくっついてとれなくなるのを防ぐため様々な工夫があります。お互いが離れるよう支柱や玉のような陶土を置いたりします。形も置き方も様々です。

はずした所を目あとと呼びますが、その様子も様々です。
重ね焼きしない場合は、棚に一段ずつのせるか、サヤと呼ばれる箱のようなものに入れたり。

重ね焼きは、全国的に民窯で続けられてきたと思いますが、現在なかでも蛇の目と呼ばれる輪っかのようなあとが特徴的なのが沖縄や九州、山陰の窯でしょうか。
蛇の目の場合は釉薬までかけた後に、高台が当たる部分を少し削るのでできた跡です。
とても面倒そうな作業に思えるのですが…
当たる場所はどうやったら分かるのかと尋ねましたら、重ねて一つをくるっと廻せばなんとなく下に跡がつくので分かるそうです。なるほど…
また、重なりがどうかな〜??というものは分かるので一番上にのせたりしているよ〜とのこと。
同じに焼かれたものでも、一番上は ”蛇の目” になっていないので、そればかり集める方もいるそうです。
確かに全体からすれば、数は圧倒的に少ないですね!
印象もちがってきますので、お店などでも見つけたら比べてみて下さい〜

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中