大江戸骨董市in代々木公園 デング熱

明日8月31日(日)の大江戸骨董市in代々木公園 はデング熱の影響が心配されましたが、
通常通りの場所で開催だそうです!
駆除作業が行なわれた場所からも離れているそうですよ。
私は今回お休みいたしますが、お知らせまで。


 

広告

沖縄 北窯の登り窯

読谷村の北窯は、いまさら私が説明するまでもないかと思いますが、宮城 正享さん、與那原 正守さん、松田 米司さん、松田 共司さん(双子のご兄弟です)の4つの工房が、1990年に13連房の共同の登り窯を建てられました。

写真は、窯出しを終え部屋の中はまだ余熱がほんのり残っていた頃の様子ですが、お弟子さんたちが棚板についたススを取り除くなど、すでに次回の窯の準備にとりかかっていました。
忙しい中、宮城さんに案内してもらい恐縮だったのですが、これだけ長い登り窯に圧倒。

部屋は順番に違う所を使うなど、皆で使いやすいよう工夫されているようです。
また、温度を下げないように、何度も各部屋に薪をくべていきますが、沖縄では薪を入れる穴が上の方にあり、内地は下が多いそうです。
台風や大雨で、窯が湿りすぎた時は、一度空焚きすることもあるとか。

読谷村に訪れた際は、ぜひ立寄っていただきたいです。

 

 

IMG_1761

IMG_1759 IMG_1760

IMG_1757IMG_1762

ニチニチ日曜市 8月/2014

お盆休みの方も多い中、お越しいただいてありがとうございました!
今月は、シフォンケーキや焼き菓子、カレーとサモサ、古本屋さん、手ぬぐい屋さんや野菜のジャムまで、ワクワク感漂う市になりました! 南インドのカレーの香りに惹かれつつ・・・

今回もうつわがお好きな方が多く、ちょうどさがしていたうつわがみつかったというお話やどんな感じで料理を盛ろうかとイメージされたり。沖縄のやちむんや小鹿田焼の包容力?!を、あらためて私も感じさせてもらいました。

IMG_2261IMG_2263

帰って、Timoke さんのサモサを夜食にしました。
おいしい!さわやかなソースで、またおいしい!
夏が終わっていくのが惜しくなる瞬間です。

IMG_2265

→ 標 しもと 

ニチニチ日曜市、出店のお知らせ 2014/8月

来週の日曜日、
ニチニチ日曜市二度目の出店です!
今日は大荒れの空模様ですが、来週はどうでしょう?
ニチニチさん店内での市ですので、雨が降ってきても大丈夫です。
沖縄の焼きものを中心に持っていこうかと思っています。

2014年8月17日(日)11−3時半
国立駅南口よりすぐです。
国立東1−6−1

 

ニチニチ2014.8

→ 標 しもと 

立秋、、、みたらし団子

8月7日は、立秋だったそうですね。毎年、夏のピークから秋へはストンと落ちる感じがしています。
とはいえ梅雨か明けたのも、そう前の話しではなかったし、蝉の声は大音量ですし、、、
皆さん、この夏はいかがお過ごしでしょうか?
私はこの時期に多く放送される戦争にまつわるドキュメンタリーなど、やっぱりみてしまいます。
あとは、高校野球ですね!!

さてさて週に一度は食べているであろう、近所の餅菓子屋さん「つるおか」のみたらし団子。
最近届いた益子のお皿で。
知らぬ間に、秋の気配なのかなあ。

IMG_2259
→ 標 しもと 

東北の旅 宮城 仙台、福島 奥会津 会津本郷

仙台は短時間の滞在でしたが、お店の方から、震災の時の話しが少しでもきけてよかったです。
大きな街ですね!繁華街は、歌舞伎町くらいあるかな? 美人さんが多かったです!!

会津若松へはバスで一時間半程。市内はほとんど見る時間もなく、奥会津へ。

IMG_2221IMG_2223

IMG_2222

車でどんどん山の間をぬけていきます。
天気が良かったので、緑濃く山の木々が一本一本くっきり。
覆いかぶさるように近く、険しい山々です。陸橋より、まるで山につっこんでいくのではないかと錯覚するような場所も。
今は道路や鉄道が通る場所ですが、昔の生活や冬の時期はどんなかと思います。
1時間ほどで、奥会津地方。柳津、三島、金山などをめぐります。
竹があまり採れなかったようで、その他の材料で運搬具、編み組み品を多く作ってきたそうです。
ヒロロやマタタビ、山ぶどうにあけびが有名です。
さらに道を進めば新潟や群馬にも通じ、新潟県の小千谷縮や越後上布の材料でもある“からむし(麻の種類)”も、この辺りから採れるそうです。

南下して只見や南会津にも寄りたかったのですが、時間がなくなってしまいました。

 

IMG_2237

柳津村では縄文時代の遺跡が見つかったそうで、資料館を見学。
縄文土器かっこいい、、、と思いつつも、あの形と装飾では、ごはんが作りずらそう、、、と思っていたのですが祭器も兼ねていたそうですね。後半になると安定感のある形の器もできてきたみたいです。
また、土器より編み組み品を先に使っていたのが自然で、カゴのようなものに泥や土を塗り付けて焼いて器を作っていたらしいとのこと。

会津本郷焼の夏の風物詩、朝の暗いうちから始まる陶器市”せと市”を見学。
仕入れには残念ながらなりませんでしたが、、、とても好きなので古いモノみつけたら集めようかと思っています。
東京でもっとみる機会があればなあ、と思いながら旅は終了〜

IMG_2224IMG_2226

→ 標 しもと 

東北の旅 岩手 盛岡、宮城 岩出山 鳴子温泉

盛岡に着いたら強い夕立ち。
材木町にある民藝のお店 光原社さんを訪ねました。いくつもの建物に分かれて国内外の厳選された品々が並ぶ、とても素敵な空間にしばしうっとり。
個人的に焼きものやガラス、地元のクルミクッキーを購入。盛岡は落ち着いたいい街。
image image

翌日、古川経由で新潟にぬける陸羽東線に乗り継ぎ 岩出山へ。水田がまぶしいほど青く広がる一帯から、山間部に入っていきます。
岩出山では、地元の方が主に篠竹を使って製品作りをされている工房を見学。

時間がすこし空いたので、先の鳴子温泉に足を延ばしました。湯治にぴったりの環境。
スキー場もあります。冬は一変してしまいそう。
こけしが町中でお出迎え。
東北の温泉所は数知れず、、、ですが、ここでも入れず。
工芸品は、首を回すとキュキュと鳴るこけしの他、漆器やあけび細工。
image image image

→ 標 しもと