奥会津の秋

IMG_2403IMG_2413

福島県奥会津地方を再び訪ねました。
会津市内から、ぐんぐんと山の中に入っていきます。
地形がかわるにつれ天候もかわったり、天気雨も多かったです。日中は陽射しが強いですが、朝晩は冷え込みます。

紅葉もすすんで、いろいろな種類の木が色づいている景色は美しいです。
奥会津一帯は、ブナの原生林があることでも有名ですが、ケヤキ、杉、ミズキ、白樺、栃…などなど、少しでも見分けがついたらなあと、いつも思います。

厳しい冬への準備を急ぐ集落の方々。スキー場も多い豪雪地帯。
農閑期の手作業として盛んな、山ブドウ、クルミ、マタタビ、ヒロロ、藁、あけび細工。もともと太い竹が育ちにくい地だったそうで、他の素材での細工が盛んになったのでしょうか。
マタタビのカゴを作っていらっしゃるお家から、カボチャをいただきました。嬉しい秋のごちそうです。

IMG_2416 IMG_2422IMG_2424IMG_2436

昭和町ではからむし織りが、展示されていました。からむしは、苧麻(ちょま)と呼ばれる植物の繊維のことで、越後上布や小千谷縮の原料になります。とても薄くて軽く、蒸し暑い日本の夏に適した布ができあがります。

IMG_2425IMG_2407

会津市から会津坂下、奥会津へ進む道には、桐細工、桐たんすや桐下駄、お琴などの看板が目立ちます。
外にさらすのは、渋をぬいているそうで、表面が黒くなっていました。数年干してから加工するそうです。
自然にはがれた樹皮もきれいです。

IMG_2418IMG_2421

 

熊本と大分の秋

台風と台風の間をぬって、熊本と大分に行ってきました。
熊本城は、外側から眺めてもとてもりっぱでしたが、時間が取れず上がれませんでした…
お堀の道祖神をぱちり。こういったのをみるのは、好きです。

熊本の焼きものは、小代(しょうだい)焼をはじめ、天草の陶石を使った磁器をつくる
天草陶磁器や高田焼など盛んです。
今回は、小代焼ふもと窯さん、まゆみ窯さんを訪ねました。
くわしくはまた後日・・・

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

後半は、大分県小鹿田焼の皿山へ再び。
道すがらは稲刈りの風景。稲穂をちょうど干していました。
日田市内からは、ぐっと山あいになりますので、秋の深まりが早いように思います。
天気もよく、窯元さんにお会いするのも楽しいひととき。
仕入れた焼きものは、またご紹介いたしますね!

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREIMG_2397