小鹿田焼 柳瀬朝夫窯の青と緑

小鹿田焼では、土は皆さん同じものを基本にしつつ、各窯で工夫されていることも多いのではないかと思います。唐臼で砕くということは同じだとしても、過程において変わってくることも多いでしょうし、土作りになるとまた違ってくるでしょう。
釉薬もまた、それぞれの窯に特徴が感じられ、目を奪われることも少なくありません。

柳瀬朝夫さんの青は、透明感のある鮮やかな青。
緑色は表情豊か。薄い緑から濃い緑、葉っぱのようです。

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中