冬に向けてのうつわ

今日は勤労感謝の日の祝日ですね。二十四節気の「小雪(しょうせつ)」にもあたる日だそうです。
確かに寒さがグッと増した気が・・・

陶器はあたたかみのあるうつわが多いのですが、特に秋から冬にかけてはみているだけであたたかい気持ちに。
熊本よりふもと窯さんやまゆみ窯さんがつくられているうつわはいかがでしょうか。
厚手のものは、直火にはかけられませんがオーブン料理に便利です。
他にもヨーロッパをはじめ世界各地にオープン用の陶器やガラス、直火にかけられるものもありますね。
熱々を楽しめます。
食べた後は水に浸けておけば、亀の子たわしなどで簡単に落ちます。

IMG_3610

IMG_3580IMG_3583

→ 標 しもと 

明日はいよいよ、共働学舎の収穫祭

毎年お楽しみの方も多いと思いますが、今年もございます!
当店もわずかながら、置かせていただきます~
おいしく味わい深いものばかりで、これを食べて冬眠したいなあ・・・といつも思ってしまうイベントです笑
映画館としてもおなじみの、ポレポレ坐1Fにて。
じわじわ集まっている片口を多めに持っていこうかと、思っています。

■ 共働学舍とそのなかまたちの収穫祭 11回目

11月14日(土)15日(日) 10:00~16:00
日曜日は終了後、イベントあり。
東中野駅すぐ、ホームからみえます。

ポレポレ坐カフェメニューでもおなじみの、
共働学舎とその仲間たちの農産物がやってきてポレポレ坐が市場になる2日間。
年に一度の収穫祭、お出かけ下さい!

共働学舎とは、社会で弱い立場にある人たちと共に、自労自活・自主自立を基本
として農業、酪農、工芸など、生産的勤労生活をしているグループで す。
長野・東京・北海道に拠点があります。

以上はHP より拝借させていただきました!


→ ポレポレ坐 cafe&space 詳しくはこちらへ

IMG_3584IMG_3588
IMG_3585 IMG_3586

→ 標 しもと 

地方新聞を読んで

小鹿田の窯元さんより届いたやきものの梱包に使われていた新聞には、伊方原発再稼働のニュース。
伊方原発は愛媛だけど、と思って読み進めると豊後水道を挟んで大分とは近いのですね。
細長い土地にあるため、一本道しかなく場合によっては船で大分に避難することも想定されるとか。

こうした地方紙を読むたび、原発、基地のこともそうですが、ダムや拡張工事など、どの地域も不安をかかえたままで決まって行くことが多くかなり違和感があります。問題は違えど、最終的には各地域の問題にしている気もします。

ふもと窯さんからの荷物に入っていた新聞には、ちょうどふもと窯さんの火入れの様子が載っていました。
窯一生と言われる難しさ。それだけに面白いものができることも。
読んでホッとしました。

image

image

→ 標 しもと