益子焼 柿釉

益子の大誠窯さんより、窯入れ間近のある日。
大忙しで釉薬かけをすすめています。
、、、ですがどの釉薬がどれにどうだったのか、ちょっとした手違いで分からなくなることも。
工程が多いものなあ〜。

 

瓶に入った釉薬。こちらは柿釉です。
釉薬はもともとこんな感じですので、どの釉薬だか見た目に分かるのかな??
私には同じに見えてしまっています、、、

浜田庄司がもともと益子で使われていた柿釉の原型?に注目されたようです。
近隣から採取された芦沼土を砕いたとてもシンプルなもの。
ただ土を一度干して水分をとって使う、柿釉と名付けたのも浜田さんだとか。
大誠窯さんによると柿釉は留りにくく、穴になってしまうなどちょっと面倒な釉薬なんだとか。

柿釉のような赤茶けた釉薬は益子だけでなく各地にみられたそうですが、古いものがあったら見てみたいです。
丹波の壷にも近い色のものがありますね。違うものなのかな。
今はあまり見かけない気がします、、、

ハサミのような形の道具は、お皿などを釉薬につける時に使われます。
高台のないものや指跡がつかないでかけたい時などに。

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中