出雲崎の手づくり紙風船

うっかりお知らせしていなかったのですが、紙風船も扱っております。
新潟県の日本海に面した出雲崎に工房のある磯野紙風船さんです。
大正時代より地域に十数件あった紙風船の工房も、今はここ一件だけとなりました。
全国でも手づくり紙風船づくりをされているところは、あまりないのではないでしょうか。

主な材料である紙や糊は国産のものにこだわっておられます。紙の種類も数種類あり色数も多いです。
ひとつひとつ手作業であわせていくのですから大変な作業ですね。

紙風船のやさしい手触りは、お子さんでも大人の方にも愛されます。
特にお子さんは触れた時に大切に扱おうとする感じが何ともいえません。赤ちゃんは力まかせにいっきにバチン!とつぶしちゃうのも、なんだかかわいい。

伝統的な紙風船の他、いろいろな種類をつくっておられます。
飾れるものや封筒つきのもの、鈴入りや大きなものまで。
すでに駄菓子屋などに置くには国産品は高く、外国製のものが圧倒的なのですが、特に動物ものは全体の形やふくらみ、微妙な目の位置のバランスがやっぱり日本人好みなんです。
これからも新商品が誕生するのかな〜と楽しみな磯野さんです。

 

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中