竹富島の民具とどきました!

地震のニュースが今だ気になり、ぼんやりしてしまうのですが、、、気がつけば初夏の陽気。
皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。

西日暮里のフロマエカフェさんでの「ゆくたや窯のやちむん市」まであと3日になり、慌てております。
そんな中、竹富島の皆さんから島の植物を使った民具がたくさん届きました!
ありがとうございます!!
昨年末からずーっと曇りが続いていて、植物を思うように干すことができずに苦労したとのことです。とてもおいしい竹富島のもずくも、天候が悪かったので遅くなり量は少なめということですが、今が旬だそうです。

今回クージの葉でつくったバッタとトンボを入れていただきました。驚くほどリアル!!
竹富島ではブーと呼ばれる苧麻(ちょま)、からむしという植物で麻の一種。どの家にも織り機があったというほど織りは身近だったそうで、織りの材料にブーが使われていました。蒸し暑い気候にはビッタリの素材です。
このブーの茎からとれる繊維はとても丈夫。しっかりしたきれいな縄ができます。
この縄を使ったソテツやフガラのほうきなども、ぜひみていただきたいです。
散歩がてらぜひいらしてください!

 

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中