奥会津 またたびの編み組み

雪深い奥会津の農閑期の手仕事として、編み組みは人口減少の中、今も続いています。
またたびの他にも、藁、山葡萄、ヒロロやくるみ細工などなど。

またたびは、一見強くはみえませんが、とてもしなやかでかつ丈夫な素材。長年の農作業にも耐えてきたものです。
研ぎざる、こしざる、そばざるにしても今あるような小さなものはなく、ほとんどは大きな運搬又は作業用のものだったそうです。

編み方やかがり方など、地域や作り手によって作り方はまちまち。大きさや形など、少しずつ異なりますので、ぜひ見比べて下さいませ〜

 

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中