黒谷和紙でのれん

テントの下に暖簾というよく考えたら妙ですが、テント下に何かあったらいいねという話から、そうだ!先日黒谷和紙の里でも室内ですが掛けていたのを思い出し、これはいいなあ!と。

繊維の足が長いため丈夫で、かつては傘紙や蓑のような雨避けも作られていたことから水にも強いそうです。暖かさも確保できそうですし、今でいうレインコートですね!すごいなあ!

image.jpeg

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中