愛知赤津焼、利山窯さんについて

なかなか利山窯さんについて書く気になれず、今日まで何のお知らせもなくファンのお客様には、本当に申し訳ない思いです。
もう一年近くになりますが昨年の秋、利山窯の小林健治さんがこの世を去られました。

奥様にとっても突然のことだったようで、長年透析を続けられていたとはいえ元気な声とお姿でしたので大変驚きました。
小林さんの器は、瀬戸や品野などを廻っていた時にたまたま見る機会があり、赤津は主に茶道具やお茶事の流れなので民芸の世界とは違いますが、それでも線描きとコマ描きを中心につくられている様子に打たれ、取り扱いさせてもらうことに。

お電話と何度かお邪魔したことがあるだけですし、短いおつきあいにはなるのですが、いつも私の初歩的な質問にも丁寧に答えてくれ、「〜じゃからよおぅ」という訛り?も心地よく・・・
私の記憶違いでなければ、戦後は赤津で登り窯を使うことが難しく、石炭の窯を使用。その当時はどの煙突からも黒煙が出ていたため、洗濯物は外へ干せないし、地域の子どもたちは雀は黒い鳥だと思っていたんだとか。
その後は、電気やガスの窯を使うことになったそうです。
また、地域の地層からとれる鉱物(鉄)の塊である鬼板もみせて頂きました。
砕いて水に溶かし、そのまま絵つけに使います。
そんな話しもとても興味深かったです。

私がはじめてお会いした時には、すでに腕は透析のこぶでボコボコになっていましたが、ロクロや高台裏を削るときは、すごいスピードで。絵つけは丁寧に。
話していても手を休めることはありませんでした。
奥様も絵つけをされていましたし、二人三脚で器づくりをされていらっしゃいました。

しばらくは何も手がつかない・・・と奥様はおっしゃっていましたが、無理もありません・・・。
窯は閉められるとのことで本当に残念で、もうあの仕事場にいらっしゃらないのかと思うとさみしい思いがこみ上げてきます。
作業に真面目で、研究熱心で、ユーモアのある・・・
ありがとうございました、、、月並みな感謝の言葉しか思いつきません。

 

 

 

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中