益子へ

お休みを頂いて、益子を訪れました。
穂が薄黄に色づいてきた水田、沿うようにちょうど見頃だった彼岸花、蓮根の収穫期で枯れた花や葉がきれいなこと。
残念ながら移動が多く風景写真は撮れず・・・
益子には秋が、、、というより、秋は冬の準備という感じで農作業の方々にとったら大変に忙しいとき。

大誠窯さんからはアケビの実を頂き、さっそく飾っています!
この店にも益子の秋が来たようで嬉しいです。
小堀さんから竹楊枝、関根さんから山椒のすりこぎを。
あとこれから材料の収穫期なのですが、寒竹のかごを作っていらっしゃる方を紹介して頂きました。
入りましたら、またお知らせしたいと思います。

今回頂いて来た品ものを含め、今週中には益子焼大誠窯さんのやきもの特集にしたいと思います。
渋くガツンとした表向きですが、実は要所要所で細やかな作業を重ねているのが魅力です。
男女共になぜだか料理好きな方が、手にとることが多いような、、、
ごはん茶碗と丼ぶりは、店内には引き続きございますので、気になるものなどございましたらお問合せください。

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中