木曽平沢から奈良井、松本へ

先日のお休みに木曽平沢を訪ねました。
新宿からバスが出ており、とても便利。諏訪湖、塩尻駅へ。塩尻宿は、中山道の一部木曽路の最初の宿場町。
この辺りからぶどう畑が目に入ります。収穫がほぼ終えた頃でしょうか。随分低く育てられていて、収穫はとても大変そう、、、
洗馬宿、本山宿、山道に入っていきます。この日は雨の予報でしたが、この辺りでは山のような変わりやすい天気でした。
次は贄川宿、隣の奈良井宿までの間に、漆の工房が多い木曽平沢があります。宿場町は幅の広い道ですが、宿と宿の道中は地形の変化があり面白いところ。人は少ないですが、旅人が行き交う道だったらか心地よく歩けます。

  

(こちらは以前の写真)

江戸時代の中山道では、東海道に比べ道が厳しくないということから女性や子供の旅人が多かったそうです。
櫛(漆塗りや細工のあるものも)や曲げ物を土産にしていたそうです。
他には豊富な木材を利用し今に続く、塗り物、ろくろ細工、桶や樽、下駄などなど。


帰りは松本に寄りました。
民藝館は、市の中心から少し離れたところ。2階からはお隣さんのぶどう畑。
沖縄のやきものと工芸の企画展の他、常設として東北や信州のやきものが多く見れて嬉しい限り。
今は無くなってしまいましたが長野県にはかつて20ほどの窯場があったそうです。
松代、洗馬、染屋、高遠などの品ものが展示されていました。
また、東北は宮城の堤、山形の成島、秋田の白岩、岩手の長島などの甕類。こちらも今はない産地があります。

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中