早春の益子へ

先日お休みを頂いて、益子を訪れました。冷たい風も清々しい晴れた日。
大誠窯さんでは、至る所に火の気配。
窯は湿気を取るためでしょうか、少し火を入れていました。
その時は木蓋をするのだそう。

登り窯の話を少しお伺いしました。
部屋ごと交互に出来上がりが違っていくことが多いのだとか。
また青磁の色は、口に近い部屋では色が黒くなってうまくあがらないとのこと。
部屋ごとにもどこに何を入れるのか、、、考えて配置する必要があります。
置く場所はかなり重要なのですね。
また焚いているときに窓から覗いて、いいぞ!と期待すると、出してみると違ったりすることもあるのだとか。
小鹿田焼の坂本工さんも以前、焚けば焚くほど分からなくなる、、、と言っていたっけ。

それから昨年オープンした「道の駅ましこ」で、昭和の中頃?の益子の窯業の様子を映した映像やパネル、山水土瓶や汽車土瓶の展示、原土についての紹介などの企画「土は語る/過去編」が開催中です。
窯元さんにおしえてもらい駆け足で見てまいりました。
〜3月31日(金)までです。お休みの日もあるそうですので、行かれる方は気をつけて下さいね。

 

最後にお頼みしていた寒竹細工を受け取りました。
どんどん硬くなって折れてしまうので獲って約4日で仕上げるの作業を繰り返します。
そろそろ終えて、ドジョウの仕掛けづくりをされるそうです。

この辺りの刈り取られた田畑は、枯れてきれいな色をしていました。
少し芽吹いているものもあり、それもまたきれいです。


 → 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中