小鹿田焼柳瀬朝夫窯の壺

小鹿田焼の柳瀬朝夫窯では、様々な壺を作っています。
今回ご紹介するのは、打ちがけの技法を使ったもの。
しっかりと白土がのっかった感じが面白いですね。

大きさによっても作り方や白土、釉薬がけなど違うのだと思うのですが、こちらの壺は身とフタと一緒の状態で白土をかけているように思えるのですが、どうでしょう??
何か一体感があるなあと思って、フタをクルクル回すなどして眺めています、、、間違えだったらゴメンなさい!
今度よく伺ってきますね。
そんなことが見ていて楽しいフタモノです〜

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中