熊本ふもと窯のすり鉢

熊本のふもと窯では、いろいろな種類のものを作っていらっしゃいます。
すり鉢も形や大きさ、様々です。内側は地元の土が味わえます。
砂が混じっているかのようにざらっとしていて軽さがあります。

先日訪れた際に、ちょうどすり鉢の仕上げをされていました。
大きめのものは、どんぶりの上に逆さにして焼くことが多いのだとか。窯の灰やワラなどがなるべく入らないようにとのこと。逆さに焼くとまた仕上がりも違って面白そうです。
どの窯でもそうですが、一つでも多くのものを入れて焚くための工夫。それが重ねることや小物を作ることへもつながるようです。
また特に登り窯では、どこの部屋のどこに何を置くのか?がとっても大事なのだそう。ある程度クセのようなものがあり経験とカンによるのでしょうが、やはり出来上がってみるまでは分からないのだとか。
窯焚きが終わり冷えるまでの数日は、待つことしかできないからその時くらいは休みになりますねーと尚之さん。

神棚のしつらえも小代焼で。

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中