スープカップやマグカップ

雨とともに肌寒い日が続いておりますが、先週はクーラーを入れた日もあったような、、、
これからの寒い時期に何かと出番の多い手つきのカップ類はいかがでしょうか。
写真では大きさが近く写ってしまっていますが、容量や形も様々です。

今までも店頭で伺っていろいろに使えるんだな、と教えていただきました。
温かい飲み物はもちろんのこと、スープからヨーグルト、ココアやホットワインなど。
大きなものでしたら果物とシリアル、シチューにも良さそうです。
お好きなカップをぜひどうぞ!

 

→ 標 しもと 

広告

東京民藝協会例会〜目立たないものの美

東京民藝協会の例会の案内が届きました。
今月は、日本民藝館学芸員でおられた尾久さんのお話会です。
ものにまつわるお話、楽しみですね!

会員でない方、興味のある回だけでもご参加いただけます。
会場であるておりやさんは淡路町駅に近く、言うまでもないですが神保町古書街も近く美味しいお店がたくさん。
事前に予約された方が良いと思いますが、お時間ありましたらいかがでしょう〜

10月のお休みのお知らせ

皆さまこの三連休はいかがお過ごしでしたか?
天候に恵まれイベントなども多かったのではないでしょうか。
美味しいものが多いこの時期、ついつい食べ過ぎてしまうのが嬉しいけどつらいところ、、、

今月のお知らせです。
店舗のお休みは、通常通りの10月10日(火)17日(火)24日(火)31日(火)です。
どうぞよろしくお願い致します。
(通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半)

また来月より、送料に関して変更がございます。
ネットショップをご利用の際にご覧いただけたらありがたいです。
どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

→ 標 しもと 

島根 袖師窯

袖師窯さんは、松江の宍道湖に夕日が沈む姿をのぞむ場所にあります。
その昔は奥まった山の方にいらしたそうですが、やきものの輸送には水運が便利なこともあり今のようになったのだとか。以前はもっとそばまで水辺が来ていたそうで、松江の活気の良さを思わせます。

とても広い作業場です。袖師窯に伝わるもの品物を見本に職人さんが作っていくそうで、技術に裏打ちされたすっきりとして日常使いにはぴったりのやきものが生まれます。
釉薬の数々。
皿など釉薬に浸す際、ひっかけて使う道具。

→ 標 しもと 

島根 森山窯

島根も鳥取と並び温泉どころです。森山窯さんのある温泉津(ゆのつ)の町は、こじんまりとしていますが昔ながらの温泉街といった感じで赤茶色の石州瓦を使った屋根の家屋や大正時代の建造物なども見応えがあります。もちろんお湯も!



温泉津の漁港。入江になっていて波は静かに。

以前の写真。集中して作業をされています。奥様は型物などを作っていらっしゃいます。
森山窯さんは、焼きを5度ほど強めにされるのだとか。この5度に違いがあるのですね。

森山さんの愛猫は、おすましさん。
雑誌のモデルさんにも。載っている雑誌の上で寝てしまいました!

波の白さが美しい晴れた日。

→ 標 しもと