木曽ひのきと漆の箸

地は木曽桧で作られた漆の箸が入りました。
以前より扱っているものに加え、朱色とうるみの二色のものもお頼みしました。
こちらでは色の調合もされているので、その時により多少仕上がりが違います。
特にうるみは、朱と黒を混ぜた色。赤いこげ茶のような、紫っぽい茶色のような、、、
混ぜると言っても色が合わさるということではないそうで、朱の粒と黒の粒が混在するような状態なのだそう。
また漆は時間が経つにつれ透明感が出て色味にも変化が出てくるそうです。

とてもシンプルな形で、仕上がりもさらっとしています。
それでもすき漆(色の加わっていない漆)を二度、ヤスリがけをし、色の漆を一、二度かけます。
その都度乾かさなければならず一本一本、、、なのでなかなかの手間かと思います。

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中