京都綾部より黒谷和紙の名刺入れなど

丹波地方の京都府に属す黒谷和紙の里より品ものを送っていただきました。
毎回お知らせしないこともありますが、季節の葉書を常時置いております。
手漉の型染め葉書は親しみのある草花が多く、これからですと桜に福寿草、つくしに筍、すみれに野春菊、、、
私は詳しくないのでお客さんに聞くなどして季節を分類してみましたが、春夏秋冬と分類するのは到底おかしなことで。

名刺やカード入も入りました。
何百とあるだろう模様や型を見るのが毎回とても楽しみ。
全く同じ色を出すのは難しいようです。
色あいも淡く渋く落ち着いているので男性にも喜ばれているようです。

使っていただくとっても丈夫な素材であることがとてもよくわかります。
毛足の長い繊維が特徴です。ちぎってみるとふわふわでした。

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中