小鹿田焼の白い皿

飛びカンナや刷毛目の技法が取り入れられる以前の、流し掛けや打ち掛けの技法が多く使われていた頃には白土はあまり使われなかったのかなと古いものを見ると思うのですが、どうなのでしょう。
白土を生かしたお皿類。とても白いものもありますが見ていると仕上がりの色も様々で見あきません。形も、なぜでしょうね。
なんでもどうぞ〜と言っているかのような笑。

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中