広島から松山へ

広島で吹きガラスをされている西川さんの工房を訪ねました。
ガラスやお仕事の話は少しお聞きし、奥様とご一緒に時間は会話の流れるままに諸々の話へと流れていきました、、、
雑談なようでいて、こういった話はとても大事だな。

広島港からはフェリー呉経由で松山港へ。
瀬戸内海の小さな島々や岩をぬけていきます。
海上自衛隊や造船所も見え、途中には海上の狭いところを通ったり、ゆっくりなようで早い?!景色が変わるのも面白いです。数年前にもこの経路を使いましたが、松山に出るにはオススメです。

 

砥部焼の里は、松山から高知方面へバスで40分くらい。松山市へも通勤通学圏とのこと。
松山からは緩やかに登る山あいに窯元さんは広がっています。
今回池本窯さんを訪れました。とても素敵な品物を作っていらっしゃいます。
丘の上という感じでしょうか皆さんで使っている登り窯を見せていただきました。
柿の木の葉がきれいでした。葉を天ぷらにすると美味しいのだそうです。おいしそうだな。
柑橘系の畑も多く、特に斜面は日当たりが良さそう。

道の駅のようなところで、砥部焼の原料となる陶石が飾られていました。
雨にさらされてこのような赤みがあるのかなと思いますが、中はねずみ色っぽい感じに見えました。
硬そうな岩に感じましたが、、、

 

西川孝次さんの吹きガラス店が来月広島市のデパート、福屋八丁堀本店で開催されるそうです。
5/10(木)〜5/16(水)
もし広島に行かれる方は、寄られてはいかがでしょう〜!

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中