愛媛砥部焼 池本窯の特集

ゴールデンウィークの小休止。変な意味になってしまいましたが、平日の昨日今日は普段通りに過ごされる方も多いのでは?
今日から砥部焼 池本窯をまとめておりますので見やすくなっています。
磁器のグッと詰まったような硬さをお楽しみいただけるとともに、風合いは柔らかく落ち着いています。
絵付けの色も少なく仕上がりの色もよく見るといろいろですが、形が際立ってすっきりとしていますので料理を美味しくみせてくれると思います。
どうぞお立ち寄りくださいー!

余談ですが元々砥部は「伊予砥」と呼ばれた天然砥石の産出地であり、その砥石屑を使い磁器を作れないかと藩の命令があり様々な試みがなされたそうです。その後良い陶石も見つかりより良いものが作られるようになっていったそうですが、天然砥石の採掘は昭和の中頃に終えているようです。
全国にも天然砥石の採石場は数多くあったようですが、昭和以降で途絶えてしまったところが多いようです。
砥石専門店も見かけなくなりました、、、

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中