東京民藝協会7月例会〜「民藝入門」

東京民藝協会による7月の例会は、雑誌「民藝」編集部の村上さんによる「民藝入門」。
絵馬を通して紐解いて下さるそうです。とっても楽しみ。
会員ではない方もどなたでもご参加いただけます。ご興味ある方は、予約されるといいかなと思います。
今回は、駒場東大前の民藝館に近いべにや民芸店さんにて。
ぜひぜひ〜

広告

与那国島から與那覇さん

少し前の話ですみません!6月の中旬、気温も低く與那覇さんには寒かったんじゃないかな〜
///
昨日は与那国島で民具作りをされている與那覇さんが店に寄って下さいました!
最西端の島より、ありがとうございます‼︎

民具は用途があるもの。使えればいいものだけれど、きちんと作られたものは長持ちもする。
材料や形、編み方結び方ひとつとっても理由があったり使いやすさを考えてのことだったり。
また今は薄れて来ているが、モノに宿る霊的な意味合いも色々ありそうした話しも面白かったです。
今度はトークも良さそうだな〜〜

→ 標 しもと 

浅草うんすけさんにて与那国ナイト!

先日浅草の食堂うんすけさんにて、与那国ナイトがあり行ってきました!
昼の部は、与那国島のクバを使った民具づくりのワークショップを開催!

夜の部は、島に伝わる唄を三線や笛とともに唄にまつわる話を交え與那覇さんがライブ。盛り上がりました!!!
島の唄を習っていらっしゃる方々、島が大好きな方、親戚?や浅草の方々、、、
泡盛どなんや長命草酒。新しく瓶を開ける度に度数が上がっていったような?!
与那国島はカジキも有名で、ニンニクで味つけた刺身も美味しかったです。
ソーメンと天ぷらも。お酒に合いそうなものばかりだな、、、

與那覇さんは唄を、島のおじいおばあから暮らしの中で聴いてきたと言います。
島の人は本当に唄が好きなのだそう。
飲んだり食べたり、人の出入りがあったり、合いの手があったり。
食堂うんすけさんの雰囲気も相まって、とってもいい時間が流れていたなあ〜
ありがとうございました!!!

→ 標 しもと 

冷たい梅雨空

ここ何日か急に寒いですよね。
もういいだろうと思ってしまい込んだアレコレを引っ張り出したり、、、
そろそろ夏空に戻らないかなと思ってしまいます。暑いのがつらいと分かっていながら。

店内のテーブルには、ツボ類を並べてみました。
開ける楽しみがあり何かと便利です。
この時期は漬物やフルーツのお酒など作る方も多いのでは?
陶器にいれておくと味がまろやかになるとお聞きしたので、今度お酒を入れてみようかな。
梅酒や薬膳酒とかも雰囲気が合いそう!

雨水が溜まっていくクバの葉ウブル!
重さですき間が埋まるのかな?
二代目も丈夫!!

→ 標 しもと 

“本と器の土曜日”お越しいただきありがとうございました

昨日は大変蒸し暑い1日でしたが、駒込のアリーベイスさんでのイベント”本と器の土曜日”に立ち寄ってくださり、ありがとうございました!
元はといえばお客さんがつなげて下さったこの企画。ご近所のことほど知らないことも多いです。。。灯台下暗しというやつですね。
うつわも開放的な空間でみると、生き生きしていたような?!
全体の写真を撮っていなかった、、、。

今回は、古本屋さん3店とコーヒー屋さんとご一緒でした。
それぞれのお店は穏やかな店主の方々ですが、とても熱のこもった品揃えでした!
本当に本が好きなんだなあ〜
気がつけば小説を読まなくなっているなと感じていたので、読んでみる気がムクムクと湧き上がりました。
お店の方にそれとなく勧められるものを読んでみるのもいいもんだなあ〜
早速昨夜読み始めました。

コーヒー屋さんも今は焙煎に集中されているので豆の販売をされています。
現在は週に何日かいらっしゃるそうですので、ぜひアリーベイスさんに立ち寄ってみてはいかかがでしょう。
試飲もさせてもらえますよ〜
スッキリとしていますが濃さのあるコーヒーをいただきました!美味しい!

店舗ができる前はいろいろな場所で声をかけて下さったことが、相当の励みになっていたことは間違えありません。
もうイベントの出店は難しいと思っていたので、今回参加できて嬉しかったです。
久しぶりで反省点も多々ありますが、とても楽しくこの気持ちを忘れずにいたいなあと思います。
ご一緒できた皆さんと主催して下さったアリーベイスさんに感謝感謝です!!
月一で本のイベントは続いていくそうですよ。
皆さんとまたご一緒できたら、嬉しいです〜!

小声書房さん
一夜文庫さん
戸棚さん
珈琲ひりょうずさん


→ 標 しもと 

掲載誌のお知らせ

本日発売の「ミセス」7月号の特集”自然を感じる暮し”に、月桃の円座をご紹介いただきました。
さわやかな誌面を見ているだけで落ち着いた気持ちに。
植木を増やしたいとか考えるのも楽しいなあ。

石垣島の月桃をふんだんに使った円座は、素材としても大変丈夫でこれからの季節はもちろんですが、通年通しても快適にお使いいただけるかと思います。
厚みがあるので、写真のように床にそのまま敷いても良いですし、椅子の上に置いても。

祭りごとなどでも今も使われている円座。特に稲作が盛んな地域では、ワラの円座が多いと伺いましたが、月桃も円座には良い素材ではないでしょうか。
作り手の方にも、今度伺った時お伝えしたいと思います!

→ 標 しもと 

沖縄のマカイ、形いろいろ

沖縄で使われてきたマカイというお碗は、ごはん、汁物、おかず類、麺類といろいろに使えるもの。
確かに何を盛ってもなじんでしまうという非常に懐の深いうつわです!
マッカイと呼んでいた地方もあるそうです。

大きさも大小ありますが、形もいろいろで厚みが均一でストンとした形や口が広がった形、丸みのある形、、、
同じ窯元さんでも変わっていくことも多いので、ぜひいろいろみてみてください!
便利で楽しいので気がついたら集まっていた、、、という方も多いのでは⁈

沖縄のやきもの特集は7日(木)でいったん終了いたします。
その後も一部は店内置いてありますので、引き続き見にいらして下さい〜〜

→ 標 しもと