時とともに

うつわがしみになったりしませんか。黒んできてきているように思うのですが。。。などなどお使いいただくとどうなっていくのか、といったことをお客様とよく話すようになりました。

陶器の話ですと、、、
使っていくうちに風合いがでてくる、土からの一体感が出る、物として慣れてくる感じ、、、、でしょうか表現難しいですが。
毎日のようにお使いでしたらわりと早く気づくかもしれません。

買った時のままということはないと思うというとショックを受ける方も。
色が浮かんできたり、土の穴がみえてきたり、白土の貫入が目立つようになったりなどなど、様々な状態になっていくのが個々に違うため予測は難しいので、いったいどうなっちゃうんだ?と不安がらせてしまうかな。
経年変化、育てるなどとよく言われますが時間とともに使われてきた品々は、全く使われず仕舞われたものよりしっとりした感じがうまれ代えがたいものになっていると思いますので、その辺も楽しみながら使っていただけたらいいのかなあと思います。
あまり気にせずに使っていたらなんとなく、、、という感じで。

陶器ほど早く?はないものの磁器も使い込んでいるものは違ってきますし、釉のない素焼きのようなものはツヤが出てきたりします。
また木工品、漆、ザルやカゴなどの編組品、金属製品、ガラス、皮革、織物などなど、それぞれに長く使い込むことで風合いがでてきて愛着もわきますよね。
作り手の方々は長く使うということを見据えて、材料の厳選、丁寧な作り、強度などに気を使い作っていくことは変えてほしくないところです。。。

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中