紙を育てる 〜茨城県大子那須楮と越後楮の栽培加工の研修会〜

先日新潟県の越後門出(かどいで)和紙に携わっている方がお店にいらして下さり、資料をいろいろ送ってくださいました。
ありがとうございました!

もう近日の話ですが、9月27日(木)、28日(金)に新潟の小国和紙生産組合と越後門出和紙で研修会があるそうです。
なくてはならない”和紙”の原料、中でも楮について茨城大子町の農家さんからお話を伺うとのこと。

原材料の調達はどうするのか、生産するための道具類を作る人がいなくなってきているなど、おそらく各地でおなじ状況が浮上しているのではないでしょうか。
ものづくりを目指す若い方々もいらっしゃいますし、これから先へつなげていくための今日の話かと思います。
残念ながら自分は行かれませんが、大変興味深い内容だと思いました。
ご興味ある方、紙漉きに関心のある方、ぜひ参加されてはいかがでしょうか。。。

→ 標 しもと 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中