ざるやかごなど

うつわ類もそうですが、こうしたざるかご類も「結構いいお値段なんですね」と言われることがあります。
それにはなんとお答えするのが良いかわかりませんが、100円から様々な品物が売られている昨今に率直にそう思うのも無理はないと思います。作る側の苦労を説いても仕方はないような、私の伝え方のまずさもあります。
少し話をしてみると、田舎の方に行けば木や竹などどこにでもあるのに?と思うとのこと。
確かにそれだけ恵まれている気がするのですが、堅牢なものを作ろうと思ったら適した材料を得るためにはどれでも良いというわけでなく、然るべき時期に人の手が入って適量を取り毎年よい材料を得るというサイクルを続けるしかないようです。
また一つの材料を得るためには、他の木々や植物、陽の当たり具合や地形があってこそだったりと”山の恵み”というと簡単ですが諸条件が重なって得られるものでもあるのだなと各地の方々にお聞きして思いました。

→ 標 しもと 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中