山ぶどうつるの入れ物

奥会津の山ぶどうつるは、山に入る際の刃物などの道具入れなどに利用されてきました。
内の中身を剥ぎ、薄皮だけがポロポロとれないような材料を採る時期や利用する部分にも気を配ります。
丈夫で使い込むと革のようなツヤが出てなじんできます。
細長いものは物入れとして便利にお使いいただけるのではないかと思います。

 

→ 標 しもと 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中