裏側の作業

お皿など基本的にはろくろを回し一枚一枚形が作られていき、そこで形が出来上がると思われるかもしれませんが、裏側の作業も同じくらい集中力がいり時間がかかることもあります。
高台や底にあたる部分、厚みを調整するなど適度に乾かしたあとに削り出します。
とても早く簡単そうに行いますが、大きくとるところや細かく丁寧な作業を重ねて形を整えます。
ものによって、また産地やそれぞれの窯の工夫があります。
表側とはまた違い裏側の形もみると面白いです。

→ 標 しもと 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中