竹富島からの贈りもの

竹富島からクロツグと苧麻の紐でつくった30cmほどのほうきも届きました。
クロツグの幹を覆うフガラと呼ばれる繊維は水にも強く、縄状にしたものは船舶用に使ったり蓑のような雨具にしたりしていたそうです。
まいてある苧麻も繊維から紐にしています。大変強い繊維で、竹富島では織物に使われてきました。
服などのほこりとりや掃除具としてお使いいただくといいようです。
使ううちにしなりが出てきて、さらに使いやすく。

漆黒ならぬ漆緑?!とれたての蘇鉄の葉も。
なんていい色でしょうか。
ありがたいなあ。

→ 標 しもと 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中