スズ竹の編み組み

山梨の富士山麓で採ったスズ竹を使った編み組細工。
今回は一升ざる(約36cm)を作って頂きました。
大きさのあるものは見ていて清々しささえ感じます。
平らなこのざるでも一升、さらに大きいものは二升、30cmは六手(むって)といわれているそうで広さのことなのかなと、こうした呼び名も由来が定かではなくとも大事に残ったらいいなと思います。
中央を交差させ放射状に広がるところは表裏をかえて編んでいます。
また深ざるも細いひごで同じ様に編んでいます。

→ 標 しもと 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中