暖かいお茶などに

急に気温が落ちて暖かい飲み物や汁物がしみるこの頃。。。
お茶やコーヒーなどによいポット急須土瓶に、湯のみやマグカップなど。
温まることうけあいです!
大きさもいろいろございますので、ぜひご覧ください。

 

→ 標 しもと 

24日は休業の予定です!

明日24日(木)は台風の影響のためお休みいたします。もしそれるようでしたら営業いたします。
金曜日には通常どおりに営業いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。
皆様もどうぞお気をつけてー!

→ 標 しもと 

適当に並べてみたら

適当に並べてみたら、いろいろ違うけど何かまとまっている。。。
何かをのせたいような。
写真や店にある姿より家で喜ばれたらいいなと、いつも思います。
使ってよりいいと願いつつ。。。

 

→ 標 しもと 

京都にて与那国島の展示会

与那国島で民具作りをされている與那覇さんより案内をいただきました。
京都市内の堺町画廊さんで、器の山口陶工房さんと籠のやまいとぅ工房さんともご一緒です。
秋深い京都で。。。いいですねー!
お近くの方、近郊の方、また遠方の方もぜひ見に行かれてください〜

風吹く島のむぬ ー与那国島の手しごとー
2020年10月6日(火)〜11日(日)
11〜19時 (最終日は18時まで)

堺町画廊
京都市中京区堺町通御池下ル

→ 標 しもと 

小鉢から中くらいの鉢

急に涼しくなり過ごしやすくなりました。
しばらくは食欲との戦いが続きそうですね。。。
出番の多い小鉢にもう少し大きさがあったり深さのある鉢もとても便利です。
これ用に!と決めて使うのもいいですが、量さえ合えば大体のおかずや食べ物に合うのもいいです。
入れてみて思いのほかいいな、となるとうれしい。
大きさもいろいろございますので、ぜひどうぞ!

→ 標 しもと 

沖縄の横田屋窯より

横田屋(ゆくたや)窯さんからやきものが届きました。
人出が必要で火を止めることなく行う窯焚きは、近くの窯の修行中の方などに手伝ってもらうこともあるそう。
知花さんは寝ずについていたいのだそうですが。。
窯全体を温めるところから部屋ごとに焼いていき一番上の部屋まで約三日間。冷ますのに約三日。
窯をきちんと詰める時間から薪を用意するなど作業の多さ。
レンガ詰めで蓋をして、ようやく火が入れられるのですが、あとは誰も触れないしどうできあがるのかを加減するも待つしかなく窯内で起こること、風や火の通るところ灰がかぶったりと一つ一つのやきものに変化をもたらします。
知花さんは焼きをギリギリ強めにが好みとのことで、やっぱりそうか〜と思いました。
不安定な中の面白さ。品物にならないものも含まれます。
今回はちょっと強めなものを多く送っていただきましたので、そうした感じを楽しんでいただけるのではと思います。
皿、マカイ、ワンブー、鉢、湯のみ、マグカップなど

厨子甕(ジーシガーミ)

→ 標 しもと 

スズ竹の丸ざる、長ざる

この時期はなるべく切らさないようにと思っているのですが、品切れになっておりましたそばうどんなどにちょうどいいくらいの丸ざるが入りました。
大きさはなかなか分かりづらいのですが、小さいものともう一回り大きなもの、どちらにしようかと悩むところ。。。
そば猪口と箸を並べてみましたが、麺や量により何人前とはむずかしいですね。
銘々でいただくのもいいですし。さらに大きなものもございます。
揚げ物をのせたり、もちろん水きり茹で上げなどに活躍いたします!

また長ざるは、底に力竹が入っており全体としては楕円型。
今回大きめなので家の中のいろいろなものを載せるのに使って頂けそうです。
朝必ず使うものだったり、食卓に置いておきたいもの、食品の整理に、文房具や手紙、身の回りのものなど。
パンやお菓子をのせたいという方も。
ぜひこちらもご利用ください。

→ 標 しもと 

9月の営業のお知らせ

台風の動きが気になる時期になりました。各地の被害も気になります。。。
今月も毎火曜日休みです。どうぞよろしくおねがいいたします!
(通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半)

竹富島よりアンツクが届いております。
月桃の縄で作っており丈夫な品物。何m必要と言っていたかな。。。
アンツクを弁当入れ道具入れとして、木にかけておくなどし畑や野良仕事をしていた頃のこと身をもって知っている方々も少ないようです。各自で作ったりしたそう。
フガラのほうきも作っていただきました。

→ 標 しもと