飴釉のやきもの

飴釉は、民窯と呼ばれる産地でのやきものや主に陶器づくりには欠かせない釉薬の一つです。

透明釉に鉱物などを加えたもので鉄分の量によっても違いがあるとのこと。

自前で作っているところも多いのではないかと思います。

出来上がりの色から飴釉と一般的に呼ばれているのでしょうが、当然使う材料によってまた土台となる方の材料や下準備により違ってくることでしょう。

写真の品も、もしかしたら飴釉とは呼ばれていないかもしれません。

 

薄い黄色から黒に近いような色まで。赤みがあったり。

最近では、コーヒー色やキャラメル色といわれることも。

飽きが来ず色々ある器の中を引き立ててくれることと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中