岩手小久慈焼より

久慈は岩手県北部の海沿いで青森八戸と宮古の中間ほどに位置します。琥珀が取れることでも有名ですが何といっても”あまちゃん”の舞台となったところ。まだまだ訪れるファンが多い様子!
東日本大震災の被災地であるわけですが、前回は鉄道が戻っていなかったと記憶していますが、もう鉄道バスなどは元に戻っているのだろうと思います。

小久慈焼は海に近いところで採れる粘土を使い、地元の材料を使った糠白と飴の釉を基本に使われています。
鉄分が少ない粘土は白く焼きあがるそうで、表面の釉薬をなお引き立ててくれそうです。
多くのものを作っていらっしゃいますが素朴でスッキリとした形がとても合い、北国の淡い光の下では複雑な色合いをみせて使う者を和ませてくれます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中