片口を食卓に

片口をどう使ったらいいですか?と聞かれることがありますが、元々は酒や醤油などの調味料を大きな容器から小分けしたり移し替えたりする際に必要なものだそうなので各地にあるものだと思います。
陶器だけでなく漆木製品のものだったり、それぞれの地域で形も様々ではないでしょうか。
口やフチも特徴的です。
料理を盛る鉢として、お酒や汁物に。
口がついているだけで食卓の雰囲気も変わったり。
趣をつくりすぎる片口も多いですがさっぱりした形は飽きがこない気もします。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中