吉田さんの今戸土人形

 
一帯でうつわを多く作っていたことで知られる今でいう台東区今戸と周辺地域。
同じく土を焼いて人形も作られてきました。
吉田義和さんは先人の土人形に魅かれて、自ら型を起こし新たな息吹を吹き込んでいます。

牡蠣の貝殻の粉、胡粉の上に淡い色合いを幾たびも重ねています。
寅の黄色で25回くらいと。。。ふわっと湧きあがるような。
色も好んで植物などから抽出したり土を探しに行き混ぜ合わせるなど徹底しています。
縁起物や際物であり場の雰囲気を和ませてくれます。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中