小鹿田焼坂本庸一窯より

小鹿田焼の里を久しぶりに訪ねました。
大分日田市から福岡の県境英彦山方面へバスで40分くらいのところです。
数日前に降った雪が少し残っていて澄んだ空気が心地よかったです。

坂本義孝さん、陽に当てて乾かしているところ。
角度を少しずつまわしながら均等に陽が当たるようにしています。
細かな仕事気を使う仕事もたくさん。

品ものも送っていただきました。
黒いフチのあるものや飛びかんなの上に白土がのったお皿など少し面白いものも。
取り皿として盛ってもいいものが多いので、ぜひどうぞ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中