岩手の小久慈焼

以前訪れた際にお頼みしたものなどが届きました。
もみ殻灰から作る糠白釉と砂鉄分の多い地層からとれる鉱物を使った飴釉。
型ものも多く手掛けていらっしゃいます。
十二角の鉢は、小鉢より大きさがあるので色々入りそうです。
小さめのどんぶりは鉢としてもいい大きさです。
釉のやわらかい濃淡をお楽しみ下さい〜

明日26日(木)お休みさせていただきます

誠に勝手ながら明日26日(木)お休み致します。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
(通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半)


村井さんに作っていただいた弁慶。
串人形や魚を干したりする時に。
内側の藁が大変刺しやすいので代えがたい品です。
串人形も取りいれてみたいですが。。今の所は扱いなく。。

つい先日東京のコロナ対策も緩和されたようですね。
一斉にマスクを外せる日が近いといいですね。
宇都宮の黄鮒ちゃんは、天然痘に由来しているとのことで今回も厄除けとして大活躍しているそうです。
一度途絶えたけれど再興させたとお聞きしたような。違かったらすみません。。

いろいろな花入れ

急な雨が増えたり、もやっとした時間が増えてきましたね。
もう梅雨入り?と思うくらいです。
部屋の中で明るいお花やドライフラワーなどを飾ると少し晴れるかな?

平岩さんのガラスの花入れをはじめ、
つる首のものやピッチャーもお好みのものを指すだけで形が作りやすいかと思います。
いろいろな品があるのでどうぞ見てみて下さいね。



尚23(月)24(火)26(木)はお休みをいただきます。
どうぞよろしくお願い致します。

まだまだ熱いお茶を

冷たいものばかりになりそうなところを、急な寒さや雨が止めてくれます。。。
変動のあるこの時期、熱い飲みものやっぱり染み入りますね。
朝の一杯、おやつの時間、風邪の予防にも。

臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら、来週は5月23日(月)24日(火)26日(木)お休みさせていただきます。
ご予定されていた方がいらしたらすみません。。
またかなり急な営業変更などは、ツイッター(@shimotoshop)のみのお知らせになることもございます。。
ご不便をお掛け致します。

通販及び発送も致しておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
(通常火曜日定休及び仕入時休み、11時より18時半)


都心を離れて駅前などにある食堂の王道のサンプル。
ファミレスの原型ような幅広いラインナップがいいなあ。
頼まれてメニューが増えてしまったのかな。
品名も価格もないが安心感が伝わる。。

どんぶり飯

大学もリモートではなく対面の!授業に戻りつつあるようですね。
数年ぶりの状況に、上京や一人暮らしを始めたという方も多そうです。
慌ただしいけどまだ眠い朝に何を食べようか。

先日見たテレビで芸人の方が、前日に翌朝分を全てテーブルにセットしていました。
何も考えず支度しながら温めて食べられて合理的です。
また365日同じものを食べているという方も。
職場の最寄りじゃないと落ち着かないとか。
それぞれですね。。。
自分を思い起こすと、納豆ご飯やねこまんまやお茶漬けがずっと続いていた時期がありました。
不思議と飽きず栄養が取れていると言い聞かせていたような笑


朝から食欲が湧くのは健康な証拠かもしれませんね。
一人暮らしをはじめたら、とりあえずはどんぶり一つあると便利かなと思います。
ちょっとした麺類にも。
また電子レンジがあれば温められます。
前日にごはんやスープなど入れておいて冷蔵庫に。

カレー皿

これから暑くなるとカレーをガツンと!という方も多いのでは。
友人宅では木のお皿をカレーにも使ってくれているというので、写真をいただきました。
さらっとしたカレーが平らに広がり、どう食べ進めようか戦いですね笑
九寸(約27cm)と大きめなのでカツだったり焼き野菜などの添え物にもいい景色が広がりそう。
やわらかな当りがいいとのことです。
手で食べたら味わいは違うかもしれないですね!


ブログに書いておいて何なのですが、水分の多い料理に使うことをおすすめしているわけではありません。。。
当店の木の皿はウレタン塗装など施されていないため、水分を吸います。
例えばターメリックなどの色が移ったり水や油染みが出来たり、ゆがみがでてくることもあります。
とはいえ思っているよりも含みにくいですし変化もじわじわです。
買った時の状態を保ちたい!と強く希望される方には、あまりおすすめではないですが、素材としての木の良さとある意味適当に使うことを楽しんで頂けたらこの上なく面白いかなと個人的には思っております。


陶器のお皿もはじめは特にターメリックの色などが移る場合があります。
じきにとれていくことが多いです。
2枚目は、坂本工窯の八寸皿(約24cm)とからや窯の小皿です。
八寸あれば男性でも十分なボリュームをとれると思います。

3枚目は、大誠窯の七寸皿(約21cm)とまゆみ窯の小皿です。
たまふちのこの形のお皿は、益子で頂いたカツカレーでも使っていたなあ。
七寸でも量はとれます。

4枚目は、北窯の松田共司工房の七寸皿(約21cm)と拭き漆の小鉢。
小鉢には小サラダやコールスローをイメージしてみました。

皆さんの食卓に合うものがあるといいです〜🍛🍛🍛🌶🌶🌶

RainbowLeafの平岩さんを訪ねて

青梅で吹きガラスをされている平岩さんを訪ねました。 
前回見せていただいた板ガラス。きれいな薄い青。 
厚みによって少し濃く見えたりいい色合いですね。 

再生ガラスで制作されています。 
何度もまたツボで溶かして使えるのかといえば器として作るには確か一度きりとおっしゃっていたような。。。 
また収縮率が違うため違う(種類)のガラスを混ぜることも難しいとか。 
ガラスによってはシールやラベルをはがしたり汚れを落としたり、準備にも気を使うところが多そうです。
 
平岩さんが感じていらっしゃるような再生ガラスの豊かさや美しさをなかなかお伝えできませんが、 
素材としてのガラスから細かな空気が含んだようなスフレ状?(実際は違いますが!)、 
そんな暖かみを感じてしまいます。










またたびのそばざる

夏のような暖かさから急に凍えるような寒さ!
布団や服はもう仕舞った、という方も多いのでは!
暖房がまだ必要ですね。。

これから出番の多そうな冷たいそばやうどんに、水切れよいざるはありがたいです。
枝豆やとうもろこしをゆであげしたり、揚げ物をのせても。
使い込むほどに色味も増していいつやが。。お楽しみください〜