奥会津またたびの深ざる

またたびの外皮とスポンジ状の内側をとり、一本ずつの厚みや太さ両端のあたりを整えてヒゴをつくります。
きれいに編み上げられた深ざるは、水切れもよく扱いやすいです。
調理や片付けも楽しくなったり。ひとつずつ足していくのもいいかなと思います。

米とぎざるとして使う方も多いので目安ですが、
下から一〜三合、三〜五合、五合〜八合くらいでしょうか。
野菜の水切りや湯切りにもいいです!
三つは入れ子になります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中