東京民藝協会例会〜「書物工芸」展見学

もう秋風?今日はキモチのよい一日になりそうですねー!
日本民藝館にて9月2日まで開催の「書物工芸」展。
8月25日に見学と解説の会があるそうです!
協会会員でない方もご参加頂けるとのことですので、ご興味ある方はぜひ!
(今回より参加費がかかるとのことです)
広告

「珈琲ひりゅうず」さん

現在は店舗を持たずコーヒーの焙煎と研究を重ねて活動されている「珈琲ひりゅうず」さん。
二周年ということで相談したら、なんとも素敵な回文つきのブレンドコーヒーのドリップバックを考えてくださいました!
ひらめきのような速さでした!!

”再び 標の 灯火 湛ふ(ふたたびしもとのともしびたたふ)”

この暑さにはぴったりのスキッとしていてコクのある味です。
ストレートでも美味しいです。アイスにしてもいいかもな。
ぜひご賞味くださいー!
ささやかですがお客様にお渡しできるものがあり、嬉しいです〜
特別版の「ひりゅうず通信」も!ありがとうございます!

他にも考えてくれた回文。
”「ん?いいわっ、うんめ、ゴマ昆布」「たぶん、駒込んうつわ いいん」”
(んいいわうんめごまこんぶ たぶんこまごめんうつわいいん)

”「ね、いいわ、通よ、来て、素敵よ、器」「いいね!」”
(ねいいわつうよきてすてきようつわいいね)

俳句の随時募集もされているそうなのですが、思いつかないなあ、、、
こういうのは何というんでしょう。お返しに美味しいコーヒーを前に無理に絞り出してみました笑
「ひ」   ひと口で
「りゅう」 流星かな
「ず」   ズズッとね

あと、個人的にひりゅうずさんの回文でお気に入りは、
”モカマタリの味、あ、のりたまかも”
(もかまたりのあじあのりたまかも)

とアイディア溢れる「珈琲ひりゅうず」さん、今後の出店情報や通販、注文のことなど、HPはこちらです!
ぜひ見てみてくださいね〜
→→→「珈琲ひりゅうず」 

→ 標 しもと 

掲載紙のお知らせ

新しく発売された”OZ magazine MOOK ひとり東京さんぽ” にて、紹介していただきました。

今までのさんぽ特集をまとめた一冊で、18の地域が紹介されています。
東京内外の方々にも頼もしい内容です。これから引越しを考えている方にもよさそうだな。
意外と地元が地元を知らないことも多いのでは?!

気がつけばこっちとこっちの街がつながってきてる、、、なんてこの本で気づいたことも。変な話ですが。
東京は広いな!
ぜひ見てみて下さいねー‼︎

→ 標 しもと 

東京民藝協会7月例会〜「民藝入門」

東京民藝協会による7月の例会は、雑誌「民藝」編集部の村上さんによる「民藝入門」。
絵馬を通して紐解いて下さるそうです。とっても楽しみ。
会員ではない方もどなたでもご参加いただけます。ご興味ある方は、予約されるといいかなと思います。
今回は、駒場東大前の民藝館に近いべにや民芸店さんにて。
ぜひぜひ〜

与那国島から與那覇さん

少し前の話ですみません!6月の中旬、気温も低く與那覇さんには寒かったんじゃないかな〜
///
昨日は与那国島で民具作りをされている與那覇さんが店に寄って下さいました!
最西端の島より、ありがとうございます‼︎

民具は用途があるもの。使えればいいものだけれど、きちんと作られたものは長持ちもする。
材料や形、編み方結び方ひとつとっても理由があったり使いやすさを考えてのことだったり。
また今は薄れて来ているが、モノに宿る霊的な意味合いも色々ありそうした話しも面白かったです。
今度はトークも良さそうだな〜〜

→ 標 しもと 

浅草うんすけさんにて与那国ナイト!

先日浅草の食堂うんすけさんにて、与那国ナイトがあり行ってきました!
昼の部は、与那国島のクバを使った民具づくりのワークショップを開催!

夜の部は、島に伝わる唄を三線や笛とともに唄にまつわる話を交え與那覇さんがライブ。盛り上がりました!!!
島の唄を習っていらっしゃる方々、島が大好きな方、親戚?や浅草の方々、、、
泡盛どなんや長命草酒。新しく瓶を開ける度に度数が上がっていったような?!
与那国島はカジキも有名で、ニンニクで味つけた刺身も美味しかったです。
ソーメンと天ぷらも。お酒に合いそうなものばかりだな、、、

與那覇さんは唄を、島のおじいおばあから暮らしの中で聴いてきたと言います。
島の人は本当に唄が好きなのだそう。
飲んだり食べたり、人の出入りがあったり、合いの手があったり。
食堂うんすけさんの雰囲気も相まって、とってもいい時間が流れていたなあ〜
ありがとうございました!!!

→ 標 しもと 

冷たい梅雨空

ここ何日か急に寒いですよね。
もういいだろうと思ってしまい込んだアレコレを引っ張り出したり、、、
そろそろ夏空に戻らないかなと思ってしまいます。暑いのがつらいと分かっていながら。

店内のテーブルには、ツボ類を並べてみました。
開ける楽しみがあり何かと便利です。
この時期は漬物やフルーツのお酒など作る方も多いのでは?
陶器にいれておくと味がまろやかになるとお聞きしたので、今度お酒を入れてみようかな。
梅酒や薬膳酒とかも雰囲気が合いそう!

雨水が溜まっていくクバの葉ウブル!
重さですき間が埋まるのかな?
二代目も丈夫!!

→ 標 しもと