各地の布でできた巾着が入りました

小型の可愛らしい巾着が入りました。
インド、グアテマラ、東南アジアの様々な布地を使っています。
種類いろいろありますので色や柄、織りの風合いの違いでお好みのものをぜひー!

また紐を持てば、着物や浴衣にも合いそう。。。
子供が持っても可愛いかも。。。宝物入れとか?
という感想もいただきました!

→ 標 しもと 

広告

丹波にて栗田荘平陶器展

丹波篠山にて焼物作りをされている栗田さんより嬉しい案内が届きました。
あたらしい仕事場と展示室を設けたとのこと、新築記念として今度展示会をされるそうです。
普段でも訪ねることができるのではないかと思います。
丹波に行かれる際には、ぜひ訪ねてみてはいかがでしょう〜

寒い夜などは霧が降り、秋の山々のもきれいだろうなあ。。。
栗田さんの焼物の色を見ていると丹波の風景を思い出します。。。

栗田荘平陶器展
10月22日〜28日 10~18時
兵庫県篠山市新荘 785-1
079-552-7273

紙を育てる 〜茨城県大子那須楮と越後楮の栽培加工の研修会〜

先日新潟県の越後門出(かどいで)和紙に携わっている方がお店にいらして下さり、資料をいろいろ送ってくださいました。
ありがとうございました!

もう近日の話ですが、9月27日(木)、28日(金)に新潟の小国和紙生産組合と越後門出和紙で研修会があるそうです。
なくてはならない”和紙”の原料、中でも楮について茨城大子町の農家さんからお話を伺うとのこと。

原材料の調達はどうするのか、生産するための道具類を作る人がいなくなってきているなど、おそらく各地でおなじ状況が浮上しているのではないでしょうか。
ものづくりを目指す若い方々もいらっしゃいますし、これから先へつなげていくための今日の話かと思います。
残念ながら自分は行かれませんが、大変興味深い内容だと思いました。
ご興味ある方、紙漉きに関心のある方、ぜひ参加されてはいかがでしょうか。。。

→ 標 しもと 

東京民藝協会例会〜「ビデオ上映 柚木沙弥郎講演」「民藝と食」

東京民藝協会より例会のお知らせが届きました。

明後日9月21日(金)になりますが、柚木沙弥郎講演「自作と日本民藝館」のビデオ上映がございます。
見逃したー!という方はぜひ!!
10月5日(金)は「民藝と食」と題してお話し下さるそうです。お腹が空くでしょうね〜

会員以外の方もご参加頂けます。
会によってはいっぱいのこともあるかと思うので、問い合わせの連絡をしてみてくださいー!
秋の夜長のお話会。。。いかがでしょうか。

会場は駒場東大前のベにや民芸店さんです。19時15分より

時とともに

うつわがしみになったりしませんか。黒んできてきているように思うのですが。。。などなどお使いいただくとどうなっていくのか、といったことをお客様とよく話すようになりました。

陶器の話ですと、、、
使っていくうちに風合いがでてくる、土からの一体感が出る、物として慣れてくる感じ、、、、でしょうか表現難しいですが。
毎日のようにお使いでしたらわりと早く気づくかもしれません。

買った時のままということはないと思うというとショックを受ける方も。
色が浮かんできたり、土の穴がみえてきたり、白土の貫入が目立つようになったりなどなど、様々な状態になっていくのが個々に違うため予測は難しいので、いったいどうなっちゃうんだ?と不安がらせてしまうかな。
経年変化、育てるなどとよく言われますが時間とともに使われてきた品々は、全く使われず仕舞われたものよりしっとりした感じがうまれ代えがたいものになっていると思いますので、その辺も楽しみながら使っていただけたらいいのかなあと思います。
あまり気にせずに使っていたらなんとなく、、、という感じで。

陶器ほど早く?はないものの磁器も使い込んでいるものは違ってきますし、釉のない素焼きのようなものはツヤが出てきたりします。
また木工品、漆、ザルやカゴなどの編組品、金属製品、ガラス、皮革、織物などなど、それぞれに長く使い込むことで風合いがでてきて愛着もわきますよね。
作り手の方々は長く使うということを見据えて、材料の厳選、丁寧な作り、強度などに気を使い作っていくことは変えてほしくないところです。。。

→ 標 しもと 

ごはん茶碗いろいろ

少しずつ陽が短くなってきました。
まだまだジットリとした暑さはありますが、ピーク時と比べると楽になりましたね。
食欲も戻ってきている方も多いのでは?この時期我慢できれば楽に痩せられるのでしょうか笑

一年を通してごはん茶碗をお求めの方は多いですが、特に秋は多いような気がいたします。
新米を含め美味しいものがどんどん出てくるこの時期。。。
割ってしまって困ってしまうのも、それだけ出番が多いうつわだからですね。
大きさや形などかなりいろいろなタイプがあります。
他にも一回り大きなもので丼ぶりにもなりそうなものや沖縄のマカイも加えるとさらに広がります。

毎朝納豆を食べるので一回り大きなものを、一汁三菜を始めました、おかわりが面倒くさい、家族がダイエット中なのでプレゼントにしたいなどなど、話が尽きません。。。

→ 標 しもと 

各地の窯より

久しぶりに各地の品々をミックスしてみました。
いろいろなものがあつまってもまた楽しいですね。

同じ窯のものですか?と聞かれることもあるのですが、一見すると似て見えるかもしれませんね。
あつかっている窯の多くは釉薬は自前で配合しており、わら灰、木灰、鉱物などより作られ、全国でみても実はそれほど多くの種類があるかといえばそうでもないように思います。
ですが粘土や組み合わせ、材料自体の変化などにより微妙に仕上がりに違いがでて、窯元さんは苦心される点かもしれませんがこれだけ違った品々が生まれるのですから面白いなあと思います。

台風に気温の高さ、、、まだまだ続きそうですね!
どうぞお気をつけて!!

→ 標 しもと