冬に向けてのうつわ

今日は勤労感謝の日の祝日ですね。二十四節気の「小雪(しょうせつ)」にもあたる日だそうです。
確かに寒さがグッと増した気が・・・

陶器はあたたかみのあるうつわが多いのですが、特に秋から冬にかけてはみているだけであたたかい気持ちに。
熊本よりふもと窯さんやまゆみ窯さんがつくられているうつわはいかがでしょうか。
厚手のものは、直火にはかけられませんがオーブン料理に便利です。
他にもヨーロッパをはじめ世界各地にオープン用の陶器やガラス、直火にかけられるものもありますね。
熱々を楽しめます。
食べた後は水に浸けておけば、亀の子たわしなどで簡単に落ちます。

IMG_3610

IMG_3580IMG_3583

→ 標 しもと 

焼きりんご

りんごがあまってしまった時など、焼きりんごはいかかでしょう。
寒さ厳しい日には、よりいっそうおいしく感じそう。

材料は家にあるもので。
シナモン、カルダモン、スターアニス(八角)、クローブ、胡椒や唐辛子を少し入れても・・・
ショウガ、オレンジ、レモン、さつま芋・・・ドライフルーツやナッツ類。
ワイン、ラム酒、ブランデー、オレンジ果汁。この辺もお好みで。
あとは、砂糖類、バターでしょうか。

オーブンでりんごにたまに汁をかけながら焼きます。
オーブンが暖房代わりにもなって、じんわり暖か。
バニラアイスと頂くのもおすすめです。
毎回レシピなく、りんごの種類も材料の組合わせも違うので、同じものを再現できませんが、酸っぱくなる材料は少なめの方がいいみたいです。あくまでも好みですが。

IMG_2543

 

ふもと窯の角鉢

→ 標 しもと 

熊本と大分の秋

台風と台風の間をぬって、熊本と大分に行ってきました。
熊本城は、外側から眺めてもとてもりっぱでしたが、時間が取れず上がれませんでした…
お堀の道祖神をぱちり。こういったのをみるのは、好きです。

熊本の焼きものは、小代(しょうだい)焼をはじめ、天草の陶石を使った磁器をつくる
天草陶磁器や高田焼など盛んです。
今回は、小代焼ふもと窯さん、まゆみ窯さんを訪ねました。
くわしくはまた後日・・・

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

後半は、大分県小鹿田焼の皿山へ再び。
道すがらは稲刈りの風景。稲穂をちょうど干していました。
日田市内からは、ぐっと山あいになりますので、秋の深まりが早いように思います。
天気もよく、窯元さんにお会いするのも楽しいひととき。
仕入れた焼きものは、またご紹介いたしますね!

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREIMG_2397