砥部池本窯より絵付け

入園や入学の微笑ましい子供達の様子、就職や入学に伴い不安そうな上京や引越し。
すっかり忘れていましたが新たな年はやっぱり4月なのですね。
今回はたまたまですが池本窯より絵付けのものが届きました。
小さなお子さんにも喜んで頂けないかな?
嫌いなものがある日食べられるようになるとか??
何ともいえないこの時期をちょっとでも軽くしてくれたらいいな。

沖縄のからや窯より

沖縄のからや窯さんから、いろいろ届きました!
新しい場所で新たな工房と窯で再スタートされた登川さん。
今までの習慣でついつい”なかどまりさん”と呼んでしまうのですが。。。
たくさんにありがとうございます!

沖縄の陶器づくりに伝わる技法や文様などを大切にされていて、いつも新たな気持ちで使って頂けるような品々です。
どうぞお楽しみくださいね。


大きめの鉢

同じ大きさでもお皿とは違う存在感のある鉢類。

中に入る食べものとなじんでごちそうに。熟しを待つ果物を置くなどしてもいいですね。

沖縄の陶器はとっても元気が出ます!

おやつやお茶の時間に

予定通り解除されるといいのですが二度目の緊急事態宣言中で、晴れていても曇り空のような。。。
またスッキリとした日々を迎えたいですね。

早めの帰宅や仕事や家事の合間、休日のゆっくりした時間に美味しいお菓子せんべいケーキなどがあればなお幸せなひと息。大事な時間だなと思います。
それからこの時期急に食べたくなる肉まんやあんまん。
冷凍のものでも蒸し器が当然理想なのですが、電子レンジでもうまく温めることができます!
もう知っているよという方法かもしれませんが、どうも中の餡が冷たく皮だけが硬くなるということもなくふっくら仕上がると思います。

冷凍の肉まんあんまんに水をさっとかけます。
どこも開かない様に大きめにとったラップに包みます。蒸す感じが必要なのでゆとりを持たせ上部をねじり開いてしまうところがないようにします。
陶器の皿に乗せるのがポイントで、磁器でも構わないのですが陶器の方がうまくいくと思います。
陶器の熱を伝える作用が効くのでしょう。
設定時間は短めから試すしかないのですが、皿の底を触って熱いくらいですと中も熱くなっているはずです。
お試しを!


フチ重ねのやきもの

やきものを窯で焚く際に、限りのある空間を余すことなく効率よく多くの品を詰める必要があります。
様々な方法で工夫されるわけですが、同じ大きさのものを重ねるのが基本多いでしょう。釉はガラス質に変わることから溶けて着いてしまったもの同士は到底剥がれるものではなく壊すことになってしまいます。
そうなることを防ぐため、高台の裏と表が合うところをあらかじめ蛇の目に削るなどの作業が必要になります。

そこで重ね方を変え、フチには釉を用いずフチ同士を皿なら円盤状に重ねることでくっつくことなく焚くことができます。
通常の重ね方よりもう一枚以上みるからに場所は取ることになるわけですが、また違った品が我々を楽しくさせてくれます。
作りたいものを作っているという風にもしかしたらみえたりするのか分かりませんが、買う方がそこまで気にされることでもないかなとも思います。
限られた与えられたというと制約があるようにも聞こえますが先人や土地や材料から受け継ぐものには知恵や工夫が詰まっていて、生かすことで生業になるようなことなのかなと思います。まとめられるようなことではありませんが。
昔の壺や深い鉢でもさらに内側に小さなものを入れて焚いた跡などみてとれることがあり、たまには思いを巡らせてみるのもいいのではと思います。

早春の陽射しに

街中や家先のシクラメンやシャコバサボテン、年末から長く楽しませてもらっています。
まだまだ寒いのですが、少しずつ陽も伸びもう明るさがありますね。
やっぱり春の陽差しなんですね。
早いけれどいやかえって今ぐらいの方が、薄い青、ウグイス色、黄色などの淡い色や白でも青みのあるもの、糠白などなんだか飛び込んできます。
花粉もそろそろ活発に。。。引き換えにですね。

箸立て、花入、ペン立てなどに

縦長の筒は少しずつご用命あり気がついたら品薄になっていましたが、小鹿田焼からも形の違ったものが入っております。
花入としては口が広がっていないのでまとまりやすく陶器は花持ちが良いのがありがたいです。
他のものも高さ重さ形などまちまちなので、もしこれを入れたい!というものが決まっている場合は、持ってきていただいて塩梅をみてくださいね。

温まりましょう!

まだまだ寒い日が続きます。
感染の緊張感の中新たな年を迎えましたが、温かい飲み物でほっとする時間を。
冬やはりじんわり染みる美味しい飲み物。
コーヒーやお茶に加え、甘酒や葛湯、ココアやホットワインなどいかがでしょうか。
ゆったり過ごしてとりあえずこの冬を越えましょう!

深いうつわで

深い鉢やボウル型のうつわ、どんぶりにもなりそうな形のものは、この季節具の多いスープやカレー、シチューなどにちょうど良さそうです。
カリッと焼いたパンなどと合わせていかがでしょうか。
電子レンジでもお使いいただけますので、寒い時にも大変重宝いたします。
例年通りとはいかないことも多いですが、この冬を楽しみながら乗り切りたいものです!